アクセスカウンタ

舞鶴学習館

プロフィール

ブログ名
舞鶴学習館
ブログ紹介
◎少人数・個別徹底指導!
◎無料体験随時受付中!
※ホームページもご覧ください。
 https://maizuru.amebaownd.com/
※個人帳票用ブログ(パスワード必要)
 http://maizurug.jugem.jp/
※LINE公式アカントからも問い合わせができます。 下のバナーをクリックしてください。

友だち追加
zoom RSS

土曜・日曜通塾生 募集中!

2018/04/30 00:00
土曜日または日曜日に通塾可能小学生及び高校1年生を募集しております!
時間帯はお問合せください。

なお通塾学年 および 曜日限定募集のため
新高1    英数+宿題対応[140分] 8,000円/月(通常:11,000円)
新小1〜4   算数+国語添削[70分]  5,000円/月(通常:6,000円)
新小5    算数+国語添削[70分]  6,000円/月(通常:7,000円)
新小6    算数+国語添削[70分]  7,000円/月(通常:8,000円)
で1年間受講できます!別途初回月に教材費が必要です!

※1 宿題対応は通塾日以外の日もLINE・メール(英数のみ)で対応します。
※2 国語添削は無学年式ワークを使い、段階に応じた文章を正確に読む練習をします!

入塾条件は
 挨拶や時間厳守などのルールが守れ、
 毎時間授業の最後に書く連絡帳を見て宿題に取り組め忘れ物をしない人!
つまり、誰でもOK!

ご検討ください!

なお中学生、月〜金曜日通塾生も随時募集しております!
記事へトラックバック / コメント


4月の予定

2018/04/30 00:00
@4月の授業期間
★4月5日(木)〜5月2日(水)までの期間です。
※下記に3月〜7月までの授業期間を載せていますので、ご確認ください。
5月3日(木)〜5日(土)は休館日とさせていただきます。

A4月の振替可能曜日・時間帯について
毎週月曜日 H20:40〜21:50 / 毎週火〜木曜日 F18:00〜19:10
毎週土曜日 C14:00〜15:10 G19:20〜20:40


B新規塾生募集中!
詳細は別記事をクリックしてご確認ください。
http://maizuru.at.webry.info/201703/article_1.html

C第1回保護者面談について
5月7日(月)〜31日(木)に実施します。詳細な日程は、4月7日(土)〜の授業内で案内を配布したします。年3回(5月・9月・1月)に実施いたしますので、年1回の出席はお願いいたします。 

Dやり直しプリント制度について
以前よりご案内しておりますが、今年より通常授業の宿題及び問題演習・確認テストで間違えた問題をプリントにして、定期的に配布して再やり直しを実施します。1学期の予定は、
@ゴールデンウイーク前  A6月中体連後  B7月夏休み前 の3回を予定しています。
取り組み方の詳細は塾生に授業内で説明します。同じミスをしないように頑張ろう!

Eその他
◎入退出メールの不着の場合
 (1)迷惑メールフォルダーの方に届いていないか? 
 (2)迷惑メール設定でパソコンからのメールをすべて不可にしていないか
をご確認ください。
◎通塾時の服装について
 【ご遠慮願いたい服装】 ・裸足 ・サンダル ・就寝着(パジャマ・寝巻)に見える服 など
 【特に気にしていない服装】 ・学校指定の体操服・クロックス(靴下着用)・市販のスポーツジャージ など
◎電話での連絡・問い合わせに関して
 授業中は授業を優先しますので、電話は取らないことがあります。ご了承ください。
◎遅刻の連絡について
 遅刻する場合は必ず事前に連絡をお願いします。電話での連絡を希望しますが、忙しい場合はメールやLINEでも構いませんし、「遅れるかもしれません」でも構いません。また事情のある遅刻や欠席をすることは、仕方ないことですので、気になされないでください。
画像

※緑が3月、ピンクが4月、青が5月、オレンジが6月、黄色が7月の授業期間です。赤丸は休館日です。
※クリックすれば大きくなります。
記事へトラックバック / コメント


[4/16更新]2018年度・新規塾生(無料体験生)募集!

2018/04/29 00:00
土曜または日曜通塾可能な小学生・高校生を募集しております!詳しくは下記ブログにて
http://maizuru.at.webry.info/201804/article_12.html
なお中学生及び月〜金曜日通塾者も随時募集中です。


2018年度の新規塾生を募集します!
当塾の「入会案内」(入会規約・開講講座案内・費用・指導方針)は下記をクリックしてご確認ください。
http://maizurugk.up.seesaa.net/image/H30E9968BE8AC9BE8AC9BE5BAA7E6A188E58685.pdf
↑ココをクリック!

〇募集学年〇
☆新小学1〜6年生☆
 ・毎週月〜金曜日のE16:50〜17:50 又は F18:00〜19:10に通塾可能な小学生
  (水曜日は上に加えてD15:40〜16:40の通塾可能な小学生)
 ・毎週土曜日に通塾可能な方(時間帯は@10::00〜F19:10の間の塾規定時間)
☆小学生・受験☆
 ・附属中及び豊府中受験希望者のみ応相談(曜日・時間帯応相談)
☆新中学1〜3年生☆
 ・大分市内の市立中学・附属中・岩田中など私立中に通学中の中学生(曜日・時間帯応相談)
☆新高校1年生☆
 ・県立・私立高校に通学中の高校生(曜日・時間帯応相談)
 ※数学の授業進度の調整のため応相談とさせていただく場合もあります。
☆新高校2年生☆
 ・今年度は募集いたしません。
☆新高校3年生☆
 ・大分県内の大学(大分大・別府大・APU・芸短など)に進学希望の文系の高校生
 ・北九州市立、福岡、西南学院大学に進学希望の文系の高校生
 ・高専編入希望の工業高校通学中の高校生
 ・看護系専門学校進学希望の高校生
 ・商業・工業高校通学者で大学・短期大学進学希望の高校生

〇入塾条件〇
・挨拶、ありがとう、スミマセン、分かりませんが言える!
・3〜5分前行動ができる
・授業プリント(や教科書)を使ったり、辞書を使って自分で調べることもできる
・丁寧でしっかりとした文字・数字を書ける
・整理整頓ができる
など、基本的なことができる子なら、現在の成績は関係ありません。
上記ができるお子さんなら、ウチの塾で成績が上がりますよ!

ウチの塾は、
@県内でおそらく他にないほど「個に対応した塾」です。
授業・宿題対応・確認テスト・塾生の理解度の把握など
ただし、1から10まで教える塾ではありませんので、誤解をされないでください。
また、1人1人を見るということは、細かいことまで目が届いてしまいますので、他では指摘されないようなことまで指導に入ることがあり塾生にとっては大変ですが、結果は必ずついてくるものと考えております。

またA県内で他塾に負けないくらい費用対効果の高い塾です。
お勧め受講例として、
新中学3年生〜5教科受講(英数は授業、国理社は添削指導又は演習講座なら)〜
 月謝は15,000円〜となります。これに9月からの入試対策講座を追加しても18,000円〜です。
新高校1年生〜英数授業+学校の課題の質問は毎日対応〜
 月謝は11.000円〜となります。 なお高校生は入塾に条件があります。 
この料金で1対1〜4です。また他の個別指導のように、1人が問題を解いている間にもう1人を指導するような個別指導ではありません。黒板を使ったり、自分の考えを言わせたりする集団指導形式の個別指導です。

気になるけど、実際に授業を受けてみなければわからないとお考えになる方は無料体験を受講ください。なお当塾の案内(パンフレット)は塾前にもありますので、ご自由にお取りください。


★PR★〜舞鶴学習館での成績アップ例
成績アップ例@     ◎成績アップ例2017A     ◎成績アップ例2017B
知られていない記録   ◎THIS IS THE 舞鶴学習館   ◎E判定からの挑戦
自信があります     ◎自信がありますA
記事へトラックバック / コメント


「いいね!」〜授業より

2018/04/21 13:00
このブログで授業の様子を書くと
「こうなって欲しい!」「こうして欲しい!」という思いから、また
口だけでは伝わらないこともあり、マイナス的な内容の記事が多くなります。

しかし、「いいね!」と思うことがあるのも事実ですので、
今日は今週の授業で「いいね!」と思ったこと2つだけ書きます!


中2 国語の授業にて
「せっかく、朝早くから集まったのに、本の整理はないだろう。
それに、閉め切った部屋で本の整理をすると、古い本の匂いが鼻につく」

という根拠文(解答の箇所になる文のウチでの言い方)から
解答を導く記述の宿題で、

この塾生は根拠文を見つけることができ(線を引いています!→これも「いいね!」)、
答案を作ってきたのだが、

私は”△”と採点し、問題文の”それに”に赤で印を入れて返しました。
そして、△の読解の問題は、考えても分からなかったら、そのままで良いとの指示を出し、
この宿題を含めやり直しに挑戦させます!

数分後、やり直しが終わったので、確認しますが、すぐに答えは聞きません!
「△をつけた問題は、なぜ△なのか分かった?」と尋ねました。
もちろん、この発問ができるのは、この塾生と一緒に中1で
接続語、指示語、事実と意見の見分け方、段落の中心文・大事な文の見つけ方など
読解に必要な知識を勉強しているからですが、週1の授業ですぐに理解できるものではありません。

しかし、
「”それに”は前のことを付け足しているから、上の文の内容に当たるものがないから…」と
答えてくれました!私は
「その通りや!それが分かれば十分や」と、嬉しくて、この返答の途中で声を掛けました笑。



中1 数学の授業にて
正負の数の加減法で”かっこのない式にする”問題の説明後、
「大丈夫か?」と尋ねると

A 「式の初めの項のマイナスの符号は省略できないのですか?」とナイスな質問!
私が、ダメなことにその理由を合わせて説明しようとしたら、割り込むように

B 「マイナスを書かんかったら、プラスになるけん、意味変わるけんダメやろ」
と、その塾生に指摘してくれました。
私はただ、「その通りや!ありがとう」と言って次に進みました。



この2つの授業で私が「いいね!」と考えていること、もうお分かりですよね!
「なぜダメなのか!」を考えていることです。

「なぜ?」を塾生に聞くのは、私には勇気が必要です笑。
「言いたくないだろうな」「めんどくさいと思うだろうな」とこちらも思いますからね。
だから、こちらから言った方が早いし、楽だと思うのですが、
これこそが、成績アップに必要なことですから、私は遠慮せずに、これからも聞きますよ!笑
記事へトラックバック / コメント


「英語力が向上」

2018/04/18 15:00
本日付の新聞に載っていましたが、
文部科学省の英語教育実施調査状況で、
大分県内の「英語力」は中学校で全国11位、
高校で全国10位だったそうです。

中学校はよく知りませんが、大分県内の高校には
非常に優秀な英語教員がたくさんいらっしゃいます。
「なぜ英語の先生を選んだの?」となるような資格や能力をもつ先生が多いんですよ!

高校入試の結果から、大分県は英語が弱い?と考える方も多いようですが、
熱心な指導が実を結んでいるようですよ。素晴らしいです!

指導法も私の頃の”読んで、訳して”授業から大きく変わってますね。
また英語学習では避けては通れない暗記部分も教科書丸暗記などを実施している学校もあるようで、
レベルも量も大きく変わっているようです。

正直、英語専科の学習塾を除けば、英語に関しては、
塾教師は学校の教員レベルに追い付いていない割合が多いかな〜と失礼ながら考えています。
もちろん私もその1人になるので、負けないように勉強して追い付くように頑張ります!

またこれからの課題は「格差を埋める」だと考えます。
英語のできる生徒とできない生徒の差は大きくなっていると感じています。
その解消にウチのような塾が協力できればいいのになぁ〜と考えています。

大分県合同新聞リンク
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2018/04/18/JD0056825912
https://www.oita-press.co.jp/1002000000/2018/04/06/NP2018040601001972
記事へトラックバック / コメント


成績アップ例2018

2018/04/16 23:36
毎年この時期恒例の成績アップ事例のブログです。
昨年度の内容は卒業した中3塾生の話題ばかりでしたので、
今年は中2・1年生の在籍生の話題です。

塾の指導は
「入塾前から成績の良い塾生をさらに伸ばす!」 と
「成績不振な塾生の成績をアップさせる!」
の2つの指導をしなければなりません。

しかし現状では、
大手の進学塾=成績優秀者、個別指導塾=成績不振者のようなすみわけができているように感じます。
もちろんすべてに当てはまるわけではありませんよ!

当塾では、上の2つのタイプの塾生をしっかり指導しています!
下の写真を見てください!それがその証です!(全国模試でのデータです)
左の例は、入塾当初は国語が苦手でしたが、全国平均を上回るようになった例
右の例は、入塾当初から成績優秀でしたが、さらに成績を伸ばした例 です。

2人とも本人の努力に勝るものはありませんが、
塾としてサポートができたと嬉しく思っています。

なお2人とも、まだ在籍中です。また他にも成績上昇中!の塾生いますよ!
こんな頑張り屋さんたちと一緒に勉強しませんか?
新規塾生募集中です! 

画像画像
記事へトラックバック / コメント


リトライ プリントについて

2018/04/11 15:00
まずリトライ プリントってなんだ?と思われた方、
以前からこのブログ・授業内で説明しています間違えた問題を再度やり直してもらう宿題のことです。
いままでは「やり直しシート」など熱さまシートのような表現を使っておりましたが、
名称を「リトライ プリント」とします!

次にお詫びです。
各人専用の「リトライプリント」を作成して渡す予定でしたが、
「無理でした」
そこで下記のように変更して実施します。ご理解ください。

「リトライプリント」

☆対象 
 中学生のみ
☆内容
 その学年の通塾生の誰かが宿題・確認テスト・授業内の演習で間違えた問題のなかから、塾がこれは大事な問題!これはできないと困る問題!これは良問!と考える問題をプリントにして宿題とします。
 よって「正解したのに・・・」となる問題も再度解くことになりますが、上のような基準で問題を選んでいますので、損はないと考えます。
☆実施月(1学期)
 @ゴールデンウイーク前  A6月市中体連後  B7月第3週 

間違えた問題ができるようになるだけで、成績は確実に上がります!
間違いや失敗は次に正解・成功につなげれば宝です。
成績が良い子は、問題を解くことよりもやり直しをすることに力を入れています。
最終的には、このプリントを作らなくても、自分の力でやり直しができるようになろう!
まずはやり直しの大切さとやり直しをすることで成績が上がることを知ってもらいためのプリントです!
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

舞鶴学習館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる