舞鶴学習館

アクセスカウンタ

zoom RSS 相手の気持ちを理解すること

<<   作成日時 : 2015/08/24 16:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ある授業での話、

中国の首都を地図に書き込む問題で、ソウルと書いてきました。
(ごく稀ですが、ある話。私も高校の時、アメリカの首都をニューヨークって言って、笑われ、怒られた経験あり)
しかし、その空所の1cm下に、ソウルと印刷されている。(中国と韓国は北朝鮮を挟んだ隣国ですからね)
よって、不思議に思い「なんで、ソウルなんだ?」と聞くと「新研究で調べました」
わからん!問題集で、すぐ下に印刷されているのを書いて正解だと思うことも、調べたということも、理解できん。

「すみません。慌てて何も確認せずに解きました」とか言われた方が理解できた。


講習期間の英語の授業で、何か質問はありますかと聞くと
「ここは、学校で勉強しましたか?」と聞かれる。
その子は、通常授業で塾で英語を受けていないし、その中学のその学年は1人しかいないと知っている子が聞く
「分かるわけないやん」と答えるしかない。

「ここは、まだ学校で勉強していないので、よくわかりませんでした」とか言われた方が理解できた。



年を取ったせいなのか、理解できないことが、チラホラある。
なんか不安だし、怖いです。
自分の思いや考えを誤解されずに伝えることや相手のことを考えて伝えることを教えてあげたいと思う例でした。

なおここに出てくる話は、今までに私が色々な塾で経験した話を混ぜて作ったフィクションですので、あしからず。
似たような出来事が、ウチであったことは認めますが、事実とは異なります。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
相手の気持ちを理解すること 舞鶴学習館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる