舞鶴学習館

アクセスカウンタ

zoom RSS 言い続ける!

<<   作成日時 : 2016/05/26 17:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

自分の恥を書くのはなんですが・・・
私は「お箸の持ち方」と「鉛筆の持ち方」が正しくありません。
といっても、奇妙な持ち方をする芸能人ほどひどくはありませんよ!

責任転嫁をするようで見苦しいですが、
「お箸の正しい持ち方」も「鉛筆の正しい持ち方」も中学生まで知りませんでした。
教えてもらうとすれば、幼稚園や保育園だと思うのですが、
習った(教わった)記憶すらありません。

なぜなら、私は幼稚園も保育園も行っていないからです!
足の骨折や腎炎などで、ずっと入院していましたので…。

そんなことは、親の仕事だろという正論(私も絶対親だと思います)が聞こえそうですが、
当時、親は病気やケガばかりする私が元気に育ってほしいと思うことで手一杯だったと思います。
時々、「色々と教えてあげられなくてすまない」というようなことを話してくれますが、
病気で入院している子供に「箸」や「鉛筆」の持ち方など、どうでもいいと思うでしょうしね。

病院でも看護師さんがいろいろと世話をしてくれた記憶がありますが、
幼い私に食事は「箸」ではなく、先の割れたスプーンでした。
鉛筆で字を書くよりも、クレヨンで絵を描いていた記憶があります。

だから、私自身が自分の箸の持ち方や鉛筆の持ち方がおかしいと気づいたのは
上にも書きましたが、かなり経ってからでした。
それも、誰かに指摘されたのではなく、自分で気づいたと思います。
(小学校の先生で言ってくれた方が、いるかもしれませんが・・記憶がない・)
ただ、その頃になると、既に独自の持ち方が馴染んでいるので、
正しい持ち方になおそうという考えは持てず、ずっとそのままでいました。
生活に困ることはないですからね。

しかし、大人になるにつれて、社会に出て仕事をするようになって、
時々、自分の箸や鉛筆の持ち方が、恥ずかしく思えることや状況に出会うようになりました。
その時は、意識して正しい持ち方を真似して持っています。
(慣れてないので、手がつりそうになりますけどね笑)

そしてなにより、一番悔しいのが、
だれも「あなたの箸(鉛筆)の持ち方はおかしいよ!」と指摘(注意)されなかったことです。
指摘(注意)されたにも関わらず、直すことをしなかったら、自分が悪いのですが、
誰からも違うと言われず、「知らなかったこと」が悔しいのです。
(かなりの自己中的な考え方でもあるのですがね笑)

だから、私は
気をつかって言わないことが、子供のためになるのではなく
うるさがられても、違うことは違う!と言う方が、良いと思っています。
知らなかったからは、年齢が上がるにつれて、恥をさらすだけです。
このブログのようにね笑

私は「違う」ものは違うと、言います!
自分が偉いから、立派な人間だから、ましてや塾や学校の先生だから言っているわけではなく、
自分の経験から、子供に教えないことが、知らないことが、
子供にとってかわいそうだと思うからだけです。

塾で言っても、保護者から怒られないだろうと思われることでも
「挨拶」「忘れ物をしない」「時間を守る」
「見てもらうものに対しての取り組み方(考え方)」の基本ルールから
「消しゴムのかすは捨てて帰る」
など知ってるだけで、印象が変わるものまで、かなりあります。

私は体験時に消しカスをどうするかは、こそっと見てます。
中には、自分のカバンや筆箱に入れて帰ろうとする子いますからね。
「おい!おい!ごみ箱に捨てよ!」と慌てて言います。笑
(これはご家庭でしっかりと大切なことを教えられている例として取り上げています。
 机の上をきれいにして帰ることを教えられているのですが、初めての場所で
 ゴミ箱の位置が分からない(聞けない)から、このような行動をするだけです。
 私はこのような子は、是非入塾してほしいなと思います)

これらがデキて後悔することは絶対にないはずです!
だから、私は言い続けます!

追記
 その前に自分の箸と鉛筆の持ち方をと突っ込んだあなた!
 お手本通りではないが、今あなたが思われている以上にきれいに持ってます!笑
 豆もつまめますよ!笑 何よりきれいに持てないと見苦しいからね。
 
 また小学生になってても親が教えないといけない思われると思いますが、
 親を責めないでください!笑 
 第3者の厳しい目で指摘してほしかっただけなんです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
言い続ける! 舞鶴学習館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる