舞鶴学習館

アクセスカウンタ

zoom RSS テストの点数で 12/2更新

<<   作成日時 : 2016/11/30 23:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今回テストが悪かった一部の塾生に対して一言物申します by江頭2:50

@「悪かったです」と報告だけではお互い何の意味もありませんよね。
まず「なぜ、点数が取れなかったのか」を自分なりに考えましょう!」
 また点数だけで良い・悪いを判断しないので、
「その教科の平均点も伝えること」また
「テスト問題を見せてください(持って来てください)」(答案用紙があればなおよいですよね)
言葉の反省よりも分析をする方が次につながります。
保護者の方も、お子様のテストが悪ければ、塾にそのテスト問題や解答用紙を見せるように言ってください。

Aテスト対策で質問していない問題がデキていない現実
テスト範囲があり、それぞれの教科担当が「ここを出すぞ!」と言った問題もあるはずです。
テスト前の質問は何でも受け付けたのに、
テスト問題を見て、私が「これはどこから出てるの(何から出題されているの)」と聞くと
「××からです」と答えるけど、「なぜその問題を質問していないのだろう」 残念です。
なかには「応用問題(範囲のワークや教科書・プリントにない問題)でした」
との答えもありますが、それならば悔しいけど諦めがつくこともありますよね。

定期考査は内申点決定の一番大きな比重を占めます。
今以上にもっと真剣に取り組もうよ!
テスト対策は空き時間少なくて申し訳ないが、参加しようぜ!
質問対応するのだから、徹底的に勉強して質問しようぜ!
今の定期考査に対する考え方を少し変えてクレヨン!
内申点で不合格なんて一番悔しいよ! 
〜中2・中1に向けて書いています     x

※中3はもう内申点を気にしても仕方ないので、今からはいかに入試で点を取るかを考えよ。
そのためには、その日の授業で習ったことや解いた問題をまずは完璧に仕上げろ!
それが合格への近道です。
今日解いた問題は今日終わらせる。明日はないのだ!   12/2記載

-------------------------------------------------------------------

「何でこんな点数しか取れないのよ!」と激怒しても、
終わったテストの点数が上がることもなければ、
そう言われた子のモチベーションが上がるわけでもない

当たり前のことですよね。
だから私も確認テストや暗記テストは別ですが、
今まで定期考査や実力考査の点数で塾生を叱責したことはありません。
(もしあの時怒ったやんと思った卒塾生がいましたら、メールで抗議してください笑)

高校生を主に指導していたころJKから
(=女子高生の略語ですよ、お父さん!知ってました?笑)

私の良いところで挙げられたのが、
「テストの点数に関しては終わったこととして、ごちゃごちゃ言わないで、次に目を向けてくれる」と
「生徒をひいきしない」 でした笑。

また定期考査の点数は塾の評価点でもありますからね。
悪かったならば、その原因をお互い、考え対応する方が大切ですからね。

ただ今回初めて、点数が取れなくてガミガミ言う親の気持ちや先生の気持ちが少しわかりました。
その理由としての私の結論は「悔しさ」ですね。

その悔しさが何から来るのかが問題になるものもありそうですが・・・
(子どものためではなく、親や塾のエゴや名誉、見栄ならアウトですが…)

悪い結果のときに、私が塾生に求めるのは「悔しい」と思う気持ちです。
本気で勉強しての結果ならば、なおさら悔しい気持ちをその子から感じないならば、
私はその子を指導したいと思わなくなります。

悔しさがあれば、同じミスはしなくなりますし、点数も上がります。
義務教育レベルの定期考査で、能力の差なんて言い訳に過ぎない。
どれだけ本気に真剣に時間をかけて勉強したかの差ですからね。

ただ、こうやって少しずつ、「本気で勉強するってどういうことなの?」って
考えてくれれば、貴重な経験にはなります。

ウチの塾で学年上位にいる子は、そのあたりの考え方が違うのよ!
本気なんだよ!覚えていないなと思ったら、寝る時間を削っても覚えてたよ。
そのあたりの気持ちや考え方の差なのだぞ!

文字から伝わるかどうかは分かりませんが、
私は今、悔しくて仕方ない状況でこのブログを書いています。
では、ごきげんよう!

追伸 過去最高!とか言う好結果も聞かせてもらっています。よく頑張りました!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
テストの点数で 12/2更新 舞鶴学習館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる