舞鶴学習館

アクセスカウンタ

zoom RSS 入塾条件はないけれど…

<<   作成日時 : 2017/04/01 17:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ウチは以前のどこかのブログでも書きましたが、
「来るもの拒まず、去る者追わず」の考えでやっています。
(そうしないと経営が成り立たないのでは?という、勘繰りいりませんよ!笑)

ただウチが嫌がるタイプの塾生は、当然います。
失礼ながら「塾を変えなさい!」「塾をやめなさい!」と言います。

では、それは何かと聞かれれば、
「当たり前のことができない」塾生です。

当たり前のこととは
・忘れ物をしない  ・挨拶をする(小声でも相手に聞こえれば可)
・時間を守る  ・嘘をつかない  など

おそらく多くのご家庭でも言われていることだと思います。

ウチのような小さな塾と大きな塾で差が出るのは実はこういったことです。
講師の能力の差は負けてませんからね!笑

例えば、
大手の塾なら、裸足にサンダルにヨレヨレのジャージで塾に通いません
でもウチのような小さな塾なら、別に気にしないとなる

大手の塾なら、授業開始3分前に教室に駆け込まない
でもウチのような小さな塾なら、大丈夫だとなる

大手の塾なら、忘れ物をしない
でもウチのような小さな塾なら、なんとかなると考える

さて、お子様にとってはどちらが良いことでしょうね。
答えは書くまでもありませんね。

恥ずかしいから、笑われたくないからなどが、その理由になるかもしれませんが、
大手ではできないことを小さな塾ではやってしまうなら、
大手に通わせるべきです。そうしないとお子様のためになりません!

大人が地位や身分で人を見るのと同じです。
あるいは他人の目がないと手を抜くのと同じです。
私はそんな風になりたくないし、そんな塾生にしたいと思っていません。
また、まずは改善してもらえるように指導します。
ご理解いただければ助かります。

ちなみに、
なぜウチの塾の卒塾生を根性があるというのか?は、
こういった当たり前のことをきちんとできるからです。
クラスには自分または友達しかいない環境の中で!
よほど自分を律することができるしっかりした子でないと無理ですよね。
だから素晴らしいのです!かっこいいのです!
舞鶴学習館の塾生は!

追記
もちろん、この塾の環境や私自身が当たり前のことを当たり前にしなくていいや!
と感じさせることになってるのかもしれないとも考えています。
子どもは大人を見ますからね。私も頑張る!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
入塾条件はないけれど… 舞鶴学習館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる