舞鶴学習館

アクセスカウンタ

zoom RSS 悩んだら相談するしかない!

<<   作成日時 : 2017/05/29 21:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ウチは1対1〜3で授業をしているので、同じ授業を何度もします。
例えば、小6の算数なら3回、中1の数学なら4回…笑

事前に準備は当然しますが、
最初の授業に当たる塾生の授業後には必ず
「こういった方がよかったな」や
「扱う例題の順番が逆だった方が分かりやすかったな」
と反省ばかり考えて、大丈夫かなと不安になります。

次の時間、その授業の塾生の宿題の取り組みが良いと
お〜すごいな〜と感心をしてしまいます笑
あまりにもその感情が大きくなると
「もう、学校でここまで習ったの?」や「ほかの塾に通ってる?」と失礼な発言をしてしまいます。

先週のある中3の授業で、上を言ってしまったので、
「ゴメン、ゴメン」と謝りましたが・・・
これは「塾生を信じていない」と取られますよね〜。ホントに申し訳ないです。
そういった思いではなく、本当は
授業が自分的に納得いっていなくて、申し訳ない!と思っているのに、
塾生が頑張ってくれたことに感動しての発言なんですよね。
ただ素直ではないな笑。


しかし、本当に悩まなければならないのは、
最後に当たる塾生との授業で理解してもらえないときです。
この仕事をして十数年になりますので、子供たちがミスをする箇所は
事前に把握できています。
またその前の塾生との授業で、今年のミスの傾向なども掴めています。
(今までの子ができても、年によってはできないことまたその逆は意外と多いのですよ!)
それを踏まえての授業なのにうまく塾生に理解していもらえないときは苦しみます。

「言われたとおりにやってごらん」といっても「言われたことが分かっていないという現実」を
突きつけられると「どうしたもんやら」となります。

ただ同じことでも言い方1つで変わりますよね。
以前、英語の人称代名詞(I -my - me - mine)を教えていた時、
私はまず読めるように練習させてあとは書いて覚えようで指導していたのですが、
あるとき私の代打で入った先生が、
「sheの所有格と目的格は同じだよ」や「hisは最後はまた所有格と同じになる」ことを
上のような文法用語を使わずに、「2番目と3番目は同じ」のような簡単な言い方で説明したらしく、
次の時間に、その塾生から「この前の先生の方が分かりやすかった」と言われたのを思い出します。
私は「そんなの私が教えていることと同じだよ」と反論したら、納得いっていないようでした。

いくら大手でも、××大卒の先生の授業でも
何年も通っても成績が上がっていなければ、子供は理解できていないと思われるので、
名や地位に騙されずに、塾選びは考えないといけませんね。
大学生のアルバイトでも、人によっては最高の先生になる子もいるはずですからね。

なぜか、最終的には塾選びの話になってしましましたが、
うまく理解させてあげられない塾生にどうしたら伝わるのかを悩みます。
よってタイトルの悩んだら相談するしかない!に強引にもっていって終わりとします。
めでたし、めでたし。
相談できる人がいるのが、まだ救いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
悩んだら相談するしかない! 舞鶴学習館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる