アクセスカウンタ

<<  2017年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


悩んだら相談するしかない!

2017/05/29 21:56
ウチは1対1〜3で授業をしているので、同じ授業を何度もします。
例えば、小6の算数なら3回、中1の数学なら4回…笑

事前に準備は当然しますが、
最初の授業に当たる塾生の授業後には必ず
「こういった方がよかったな」や
「扱う例題の順番が逆だった方が分かりやすかったな」
と反省ばかり考えて、大丈夫かなと不安になります。

次の時間、その授業の塾生の宿題の取り組みが良いと
お〜すごいな〜と感心をしてしまいます笑
あまりにもその感情が大きくなると
「もう、学校でここまで習ったの?」や「ほかの塾に通ってる?」と失礼な発言をしてしまいます。

先週のある中3の授業で、上を言ってしまったので、
「ゴメン、ゴメン」と謝りましたが・・・
これは「塾生を信じていない」と取られますよね〜。ホントに申し訳ないです。
そういった思いではなく、本当は
授業が自分的に納得いっていなくて、申し訳ない!と思っているのに、
塾生が頑張ってくれたことに感動しての発言なんですよね。
ただ素直ではないな笑。


しかし、本当に悩まなければならないのは、
最後に当たる塾生との授業で理解してもらえないときです。
この仕事をして十数年になりますので、子供たちがミスをする箇所は
事前に把握できています。
またその前の塾生との授業で、今年のミスの傾向なども掴めています。
(今までの子ができても、年によってはできないことまたその逆は意外と多いのですよ!)
それを踏まえての授業なのにうまく塾生に理解していもらえないときは苦しみます。

「言われたとおりにやってごらん」といっても「言われたことが分かっていないという現実」を
突きつけられると「どうしたもんやら」となります。

ただ同じことでも言い方1つで変わりますよね。
以前、英語の人称代名詞(I -my - me - mine)を教えていた時、
私はまず読めるように練習させてあとは書いて覚えようで指導していたのですが、
あるとき私の代打で入った先生が、
「sheの所有格と目的格は同じだよ」や「hisは最後はまた所有格と同じになる」ことを
上のような文法用語を使わずに、「2番目と3番目は同じ」のような簡単な言い方で説明したらしく、
次の時間に、その塾生から「この前の先生の方が分かりやすかった」と言われたのを思い出します。
私は「そんなの私が教えていることと同じだよ」と反論したら、納得いっていないようでした。

いくら大手でも、××大卒の先生の授業でも
何年も通っても成績が上がっていなければ、子供は理解できていないと思われるので、
名や地位に騙されずに、塾選びは考えないといけませんね。
大学生のアルバイトでも、人によっては最高の先生になる子もいるはずですからね。

なぜか、最終的には塾選びの話になってしましましたが、
うまく理解させてあげられない塾生にどうしたら伝わるのかを悩みます。
よってタイトルの悩んだら相談するしかない!に強引にもっていって終わりとします。
めでたし、めでたし。
相談できる人がいるのが、まだ救いです。
記事へトラックバック / コメント


ワンランクアップしたぞ!

2017/05/19 22:58
明日はほとんどの中学校で体育祭ですね。

体育祭前は練習疲れや準備で遅くなったりして、
例年欠席が多くなるのですが・・・なんと今年は

「体育祭の練習で疲れたので休みます」は0でした!

素晴らしい!また、ご協力に感謝いたします。
明日の体育祭も頑張ってください!

なおゴールデンウイーク中、塾及び学校の宿題を済ませておらず、
連休最終日に夜遅くまで解いたら、体調を崩して休んだ塾生は1人いましたが、
その塾生も2日後にすぐに振替を実施しましたので、良かったとします笑。

体調を崩してまで、無理をしてまで通塾する必要はなく、
キツイときはもちろん休んで大丈夫ですが、
簡単には休まない塾生になってほしいです!

キツイ・疲れからくる休みたい誘惑に勝ったウチの塾生たちは
間違いなくワンランクアップしました!

たいへんよく頑張りました!
明日が体育祭で日曜日に振替をする塾生は、もうひと踏ん張りです!
記事へトラックバック / コメント


高校生の募集について

2017/05/17 23:15
学校の中間考査の影響でしょうか、
高校生に関するお問い合わせをいただいていますが、
高校生に関しては、当塾では誰でも入塾OKで受け付けていません。スミマセン。
また高校生の授業に関して、簡単に説明させていただきます。

まず高校生のコースですが、
@塾オリジナル進度で授業をするコース(1対1又は2) と
A学校の課題に対応するコース の併用をお勧めしています。

@は塾教材を使用し、なるべく学校進度に合うように塾で授業計画を立てて実施します。塾からの宿題などはありません。確認テストも実施してません。
Aは毎日・水曜・週末課題の質問をLINEやメールで受け付け、塾の授業日に理解できているか確認します。これが確認テストにあたると言われればそうかなと思います。
質問された際に、解答や解法はLINEなどで返信はしますが、それでは勉強にならないので・・・。
@又はAだけの受講もできます。料金は変わりません。
なおAは、毎回、課題を塾に写真を撮って送ってもらうことをお願いしています。


次に入塾条件に関しては、
 まず学校進度の早い高校に関しては、ウチでは到底、学校の授業に間に合いませんので、お断りさせていただいております。以前、課題の答えを教えるだけの授業となり大変申し訳ない経験をしたので…
 そこで、ウチの塾の現状を考慮した時、上記のような高校以外で、学校の課題で苦しんでいる方のサポートに徹することができ、プラスαで授業もできる学校の生徒を!と考えております。
 特に学校の課題が自分で解けず(質問できず)、授業にもついていけなくなり定期考査で満足な点が取れないならば、ウチの塾で基礎・基本から標準レベルまでの完成をしませんか?
この取り組みに関してはウチは自信があります。

 過去にも「ある進学校(大分M高)」で授業についていけず、課題も解けない状況だったお子様をお預かりしました。通塾後、学校順位が上位3分の1以内までアップして、自信を取り戻したのでしょう、
「もっと全国レベルでやってみたい!」と東×衛星予備校に転塾されました。
保護者から「自身が付いたら、もっと上でやってみたいと自分から言いだしたので驚きました」と聞きました。
 個人的には大学受験は全国の同級生との勝負となりますので、ウチの塾で基礎固め&自信をつけて
全国レベルの大手の塾に転塾は、あくまでも個人的意見にはありますが、賢い塾の使い方と考えます。
 ただウチが物足りなさを解消できるようにせないけないですよね笑。頑張る!
 また、上の塾生の高校も進度が早い高校ですが、文系だったこともあり対応させてもらいました。コースや進学希望先などで対応できる場合もありますので、電話やLINEで問い合わせをいただければと思います。どこの塾に通うとしても、しっかり相談・問い合わせは大事ですからね。

 また高校の場合は、どうしても塾の対応は進学校優先になるので、大手の塾には行きにくいとの思いもあり、
お預かりした方もいらっしゃいましたし、歓迎いたします。
 過去には、大分S業、大分K業などのお子様をお預かりさせていただきました。
 また普通科の大分H高校から大分大推薦を目指すお子様なども指導させていただきました。推薦は小論だったのですが、基礎学力をつけたい!との要望で英語の勉強をしました!
職業系高校から短大や県内私立大学、センター試験レベル対応などはウチの規模の塾でも対応できる場合もあります!(問題は2次試験レベル対応!)
 そして今、要望はないかな〜と期待しているのが、看護系専門学校などの進学希望者です。大手の塾では塾費用は高額となりますが、ウチでは中学生のときと同じような金額で対応できます。もちろん指導はお値段以上です笑。

高校生の門戸は広げたいと考えているのですが、
現在は色々と事情があり、条件を付けた募集をしているのが現状です。
(事情と書くと、なにかもったいつけているようで嫌なのですが・・・色々とあるんですよ。色々と笑)
早ければ来年にでも、ネックとなっている事情が解消しますので、
高校生を募集も頑張りたいと考えています。

なお対応教科も現在は英語・数学のみとなっています。
これも映像ではない形で、もう少し教科数を広げられるように頑張ります。

学年では、高3・高1を歓迎します。今年は高2の募集はしていません。
お気軽にお問合せいただければと思います。しつこく勧誘したり、連絡先とか聞きませんので!

ウチの塾としては
できるだけ他ではできていないことをしようと考えています。
以上、よろしくお願いいたします。

具体的な学校名を書いた方が分かりやすいのでしょうが、遠慮しました。
特に普通科は名前を挙げることで上下があるかのように思われると困りますので・・・

友だち追加

記事へトラックバック / コメント


良いことは真似する!

2017/05/06 15:54
「同じワークを使っていても」の記事のアクセスが、
ここ数日の記事の中では、群を抜いて読まれています。
おそらくウチの塾生や保護者の方だと思われます。
ありがとうございます。ぜひ読んで、真似をしてください!


ところで写真の塾生の宿題の取り組みが変わったのは、
中1になってからではないのです。

冬休みにある塾生が入塾してくれました。
この塾生は塾に通うのは初めてだったのですが、
問題の解き方などが、すでに完成していました。

よって私がこのブログにやはり写真を撮って載せました。
また冬休み前後から国語の宿題の取り組み方をすべての塾生にお願いしました。
「間違っていても良いので、自分の解答の根拠と考えた文に線を引いてきなさい!」と

このあたりから取り組みの変化は見られていました。

よって写真のような取り組みをしているのは、ここ1か月とかではなく
実はもう4ケ月近く写真のような取り組みをしているのです。

また塾が手取り足取り、こうしなさい!ああしなさい!と言ったでもなく
(宿題の取り組み方のプリントの配布や国語の線引きのお願いはしましたが、)
すべてがその塾生がオリジナルで考えてやっていることです。

今はウチの塾に限らず、言われたからする、言われたことだけをする子は増えています。
もちろん、その原因は学習塾にもありますが、困ります。
失敗しても、間違えても工夫しない子になってしまいます。

私たちは「こうしたらいいよ」とアドバイスはしますが、
それを受け入れたり、ただ受け入れるだけでなく工夫したりするするのは
子どもたちが考えなければならないのです。

写真の塾生以外にも、いろいろと工夫がみられる塾生はいます。
また少しずつ、工夫していることが見られてきている塾生もいます。
お子様のワークを覗いてみてください。保護者が知らない、お子様の取り組みが見られるかもしれませんよ。
私もそういったことを見つけたら、「good」と書いて返しています。
お子様が気付いているかは分かりませんが・・・
なお、調べれば全部できるものができていてもgoodは書いています!

またこのような塾生の取り組みを写真に撮って紹介するブログが書ける日が来ることを期待しています!
記事へトラックバック / コメント


お礼とお願い

2017/05/06 13:59
いつもお世話になっております。

1つお願いがあります。
保護者面談や授業の振替をする際に、
「ご都合の良いところでよいです」や
「いつが、ご都合がよろしいいですか?」と
聞いていただけるご家庭があります。
お心遣い感謝いたします。

しかし、この心遣いはいりません。
なぜなら、
面談や振替は塾の空き時間にあわせて実施していますので、
ご家庭にとって都合がよくないときもあると思います。
それを承知した上での実施ですので、
大変制限された中で申し訳ない気持ちの方が強いのです、
よって私が決めるのはどうかと考えます。

また、日程のトラブルは避けたいのもあります。
塾側で決めると、過程が伝わらないので、
希望が叶わなかったときは、あまりよい思いはされないでしょう。
当然のことです。

ただ、今のやり方では
希望の日時がすでに埋まっていた場合は、
再考を願わねばならないという、2度手間をおかけするのも事実です。
そうならないようにするために、
できるだけこのブログなどを通して、
情報は公開していきたいと考えております。

なお通常授業や講習会の授業に関しては、
「お任せします」ほどうれしい言葉はありませんが笑、
こればっかりは難しいですね。

いつもご配慮をいただき感謝しております。
記事へトラックバック / コメント


同じワークを使っていても

2017/05/02 23:38
ウチの塾の困ったことは、他の塾生の取り組みが分からないことです。
授業で「××君の、宿題のワークの取り組みは凄い!」と私が力説しても、伝わりません。

そこで写真に撮らせてもらいました。
まさにこのワークが私が理想とする個人帳票ブログの「宿題の取り組み方」を
忠実に実施してくれたワークです。

もしここまで頑張って間違ったとしてもこの塾生を責めることができますか?
できませんよね!指導者の力不足を反省するだけです。

またこの取り組みを続けている塾生の成績が上がらなかったら、
この塾生に原因があると思いますか?100%ありません。
塾がアホなだけです。とっとと閉めればいいと思います!

同じ中学生、それも中1です。
もちろん部活もしています。聞くところによると、さらに別の習い事もしているそうです。

でも、こんなに頑張れるのです。どうしてだろう?考えてみてください。

論より証拠です。まずは見てください。
緑の丸を付けたところをよく見てくださいね!赤の丸は私が採点した箇所です。
あとはすべてこの塾生が宿題の段階で書いてきたことです。
画像

画像

※自然数は「正の整数」であることは、この塾生は理解してます!念のため!
画像

※クリックすれば大きくなるはずです。

最近、いろいろな塾のブログを読むと、個人塾はだれでも彼でも入塾させるのではなく、
自分の塾の方針や考え方に沿う生徒のみを入れた方が良いという意見が多数を占めているんだなと感じました。
私も時々、上のような取り組みをしてくれる子だけを最後まで丁寧にしっかり見てあげた方が、
良いのかな〜と考えることが多くなりました。う〜む、悩みますね。
今年卒塾した塾生のなかにも、一緒に頑張っていくなかで、変わってくれる子たちもいましたからね。
記事へトラックバック / コメント


頑張れ!1年生!

2017/05/02 16:25
新中1・高1のみなさんへ

新しい学校生活も1か月が過ぎようとしています。
今までとは違う環境の中で、
勉強量も内容も変わり、戸惑うことが多いでしょう。

ただし、だれもが経験することです。
あなたの保護者もあなたの塾の先生も、
そしてあなたの学校の先生も経験してきました。

つらく、大変なこともあるでしょう。
しかしこれを乗り越えてこそ、楽しさが待っていることを忘れないでください。
苦労をせずに得られる楽しさはありません!

私はゴールデンウイーク否定派ですが、
(その代わりに6月に祝日を作れ!です)
お疲れ気味の新1年生にはありがたいかもしれません。
ゆっくり休んで、夏休みまで乗り切ろう!

え、GW課題が多すぎて、休めない!ですって、
それも私も皆さんの周りの大人の多くが経験しましたので、
気持ちはわかります!

でも、もう1度書きますが、
苦労をせずに得られる楽しさはありません。

先にかすかに見える光を目指して頑張ろう!
その光の先には「楽しさ」が待っていると信じて!

ゲームでも初めから面白いゲームなんてないよね。
少しづつ強くなって(上手くなって)面白くなってくるはず!

ここまで書いてなんですが・・・私には
すぐに光が消えた教科もあったことは伏せておきます笑。
でも、それもいい思い出になりますけどね。
4月の授業で光が見えなくなった世界史、シュメール人しか記憶にないわ笑。
これは高2の話ですが・・・
記事へトラックバック / コメント


コップに水を入れること

2017/05/01 21:27
ウチの塾の新規入塾生募集の記事にPRとして成績アップの例の記事を載せています。
それを分かっていて、このような記事を書くのは、どうなのと思われる方もいるでしょうが・・・

例えば、「〇点アップ!」などの記事や広告を見ると
塾によっては、「さすが××塾!すごいな」と感じたり、
「え、あの△△塾が・・・あやしいなぁ」と疑うこともあるかもしれません。
ウチは後者かな?笑。しかし、記事は事実ですからね。嘘はないです!

話がそれましたが、成績アップには実はからくりがあるのです。
コップに例えると分かりやすいのですが、能力をコップとします。
おちょこ、マグカップ、ビールジョッキなど様々なコップがあります。
(ここでのコップは上のようなものをひっくるめて考えてください)

私たちがどのコップを持っているのかは、今での学習量や質などで決まっていて、
また教科でも異なります。

例えば、ビリギャルの女の子。
高校になって勉強しなくなったとはいえ、中学受験を経験しています。
都会の中学受験です。そのハードさは書くまでもありません。
それによってつくられた彼女の勉強のコップはビールジョッキだと考えられるでしょう。

高校になってその中に水は入っていません。注ごうともしませんでしたが、
大学受験を目指すようになって、水を入れただけです。
だから器は大きいのですから、どんどん入ります。
つまり、やればやるほど成績はアップしていくのです。
塾がどうのこうのより、もともとの彼女のコップが大きくて、それに水が入っただけです。
この場合、塾は水の入れる速さや量を調整する役割ですね。
ただ能力のない塾なら、目標日までに水を満杯にできませんがね笑。
そう考えれば、あの塾は良い塾なのです!

実は「〇点アップ!」で一番多いのは、このタイプです。
コップの種類は異なれど、水を入れさえすればよかっただけなのです。

よって、塾が一番大事にしないといけないのは、
コップのなかの水が満杯になった子の対応です。
より大きなコップに変えてあげなければなりません。
これは指導者にとっても、塾生にとっても大変です。
勉強の時間・質・やり方から見直す必要も出てきますからね。

またこういったことに気付いてくれるか、気づいたら対応してくれるかも
塾選びの私は基準となると思います。

4月の模試の結果が返ってきました。
正答率と正誤を見ることで、まだ水が入るのか?入っていないのか?
それともコップを大きくする必要があるのか?が分かりました。

コップを大きくする必要のあるご家庭との面談では
簡単に大きなコップに取り替えることはできませんので、
ちょっときつい面談になりそうですが、
まずは大人である私たちがしっかり理解して
お子様をサポートしていかなければならないと考えます。

またコップを大きくするときによく犯す間違いが
応用問題や入試問題に挑戦させようとすることです。違います。
こういう時こそ、基礎・基本問題を確実に押さえつつ、
その子にあったレベルの問題を選ぶことです。
また答えの暗記ではなく、根底理解、「なぜ」「どうして」を考えることです。

これは運動でもピアノでもなんでも同じだとは思いますが…
さらにステップアップをするためです、頑張ろう!
記事へトラックバック / コメント


<<  2017年5月のブログ記事  >> 

トップへ

舞鶴学習館 2017年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる