舞鶴学習館

アクセスカウンタ

zoom RSS 同じワークを使っていても

<<   作成日時 : 2017/05/02 23:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ウチの塾の困ったことは、他の塾生の取り組みが分からないことです。
授業で「××君の、宿題のワークの取り組みは凄い!」と私が力説しても、伝わりません。

そこで写真に撮らせてもらいました。
まさにこのワークが私が理想とする個人帳票ブログの「宿題の取り組み方」を
忠実に実施してくれたワークです。

もしここまで頑張って間違ったとしてもこの塾生を責めることができますか?
できませんよね!指導者の力不足を反省するだけです。

またこの取り組みを続けている塾生の成績が上がらなかったら、
この塾生に原因があると思いますか?100%ありません。
塾がアホなだけです。とっとと閉めればいいと思います!

同じ中学生、それも中1です。
もちろん部活もしています。聞くところによると、さらに別の習い事もしているそうです。

でも、こんなに頑張れるのです。どうしてだろう?考えてみてください。

論より証拠です。まずは見てください。
緑の丸を付けたところをよく見てくださいね!赤の丸は私が採点した箇所です。
あとはすべてこの塾生が宿題の段階で書いてきたことです。
画像

画像

※自然数は「正の整数」であることは、この塾生は理解してます!念のため!
画像

※クリックすれば大きくなるはずです。

最近、いろいろな塾のブログを読むと、個人塾はだれでも彼でも入塾させるのではなく、
自分の塾の方針や考え方に沿う生徒のみを入れた方が良いという意見が多数を占めているんだなと感じました。
私も時々、上のような取り組みをしてくれる子だけを最後まで丁寧にしっかり見てあげた方が、
良いのかな〜と考えることが多くなりました。う〜む、悩みますね。
今年卒塾した塾生のなかにも、一緒に頑張っていくなかで、変わってくれる子たちもいましたからね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
同じワークを使っていても 舞鶴学習館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる