アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「小学」のブログ記事

みんなの「小学」ブログ


新規塾生(無料体験生) 募集!

2017/10/30 23:59
★現在、募集している学年・時間帯<1対1コース>★
@月〜金曜日の午後6時〜7時10分に通塾可能な小6〜高校1年生
→小6 中学準備講座(英数)も受け付けています!
A日曜日に通塾可能な中学3年生(入試対策講座でも学校準拠でも可)
B土曜日の午後6時以降に通塾可能な中1〜高校1年生(文系志望)
※少人数指導コースを希望の方は、電話又はLINEでお問い合わせください。
なお少人数指導コースは、クラスの学力を合わせるために、簡単な入会テストがあります。またその結果によっては、1対1コースでの受講をお願いする場合もあります。

〇入塾条件〇
・挨拶、ありがとう、スミマセンが言える!
・授業開始3分前には席について、宿題の提出の準備と授業の用意をするための行動ができる
・説明が分からないときは「分かりません」と言える
・英単語や国語の語彙は自分で調べることができる
・授業プリント(や教科書)を使って、宿題に取り組むことができる
・宿題やテストは、丁寧なしっかりとした文字・数字で書ける
・机の上を片付けて帰ることができる
など、基本的なことができる子なら、現在の成績は関係ありません。
上記ができるお子さんなら、ウチの塾で成績が上がりますよ!

当塾の「入会案内」(入会規約・開講講座案内・費用・指導方針)は下記をクリックしてご確認ください。
◎舞鶴学習館 入会案内←ココをクリック!

ウチの塾は、
@県内でおそらく他にないほど「個に対応した塾」です。
授業・宿題対応・確認テスト・塾生の理解度の把握など
ただし、1から10まで教える塾ではありませんので、誤解をされないでください。
また、1人1人を見るということは、細かいことまで目が届いてしまいますので、他では指摘されないようなことまで指導に入ることがあり塾生にとっては大変ですが、結果は必ずついてくるものと考えております。

またA県内で他塾に負けないくらい費用対効果の高い塾です。
お勧め受講例として、
新中学3年生〜5教科受講(英数は授業、国理社は添削指導又は演習講座なら)〜
 月謝は15,000円〜となります。これに9月からの入試対策講座を追加しても18,000円〜です。
新高校1年生〜英数授業+学校の課題の質問は毎日対応〜
 月謝は11.000円〜となります。 なお高校生は入塾に条件があります。 
この料金で1対1〜4です。また他の個別指導のように、1人が問題を解いている間にもう1人を指導するような個別指導ではありません。黒板を使ったり、自分の考えを言わせたりする集団指導形式の個別指導です。

気になるけど、実際に授業を受けてみなければわからないとお考えになる方は無料体験を受講ください。なお当塾の案内(パンフレット)は塾前にもありますので、ご自由にお取りください。


★PR★〜舞鶴学習館での成績アップ例
成績アップ例@     ◎成績アップ例2017A     ◎成績アップ例2017B
知られていない記録   ◎THIS IS THE 舞鶴学習館   ◎E判定からの挑戦
自信があります     ◎自信がありますA
記事へトラックバック / コメント


「はい!」の軽さ

2017/09/02 13:02
「分かりましたか?」というと「はい!」と返事をすぐに返してくれる塾生がいます。
この塾生との授業はとても気持ち良かったです。

「ここまで大丈夫?」   「はい!」
「では、できますか?」  「はい!」
のように、何を言っても「はい!」と答えてくれるから。

ところが、最近はこの「はい!」が私にとって苦痛になっています。
「ここまで、分かりましたか?」 「はい!」
しかし解かせてみると全く違ったり、聞いていなかったり。

宿題や配布物の説明をして、「大丈夫ですか?」「はい!」
ところが、「宿題の範囲を教えてください」や「見ていませんでした」などなど

あまりにも「はい!」の返事が軽すぎます。
だから、コチラは、何も考えていない?深く考えていない?ように思ってしまいます。

意思表示をすることはとても大事なことですが、
もう反射的に「はい!」という習性になっているような子もいます。
だから性格の悪い私が突っ込むと・・・になります。

今までの塾生には納得いかなければ返事をしないし、
私をずっとにらみつける女の子もいました。
この子には、「もう1度言ってください」とか「よくわからん」と言えばいいのにと言いましたが…笑

また、この軽い「はい!」が相手にどれだけ不快な思いをさせるかを気づかないようです。
「はい!」と言われて裏切られるその気持ち、
逆の立場になって感じてみないと分からないのでしょうが、
何とも言えない虚しさを感じます。特にウチは1対1が多いので…。

ウチのような小さい塾でも2〜3名「はい!」が軽いなと感じる子いますから、
他ならもっと多いのでしょうね。

その場を取り繕う「はい」は禁止です。
考えていない、うその「はい!」は見破られますよ。

また「はい!」の言葉の重さを知ってください!
「はい!」と承諾したら、絶対に実行せねばならないのです。
相手と約束したのです。約束したことを平気で破る人に私はこの塾にいて欲しくありません。
記事へトラックバック / コメント


夏期講習1週間を終えて

2017/07/29 00:00
夏休みに入って、暗〜い内容のブログ記事しか書いていないような気がするので笑、
たまには雰囲気を変えたくなりました。

ちなみに夏休み期間、

とても頑張っている塾生、
少しずつ良い方向に変化していると感じている塾生
いつもと変わらないペースを保っていると思われる塾生
新しいことをどんどん吸収している塾生

の方が多いですからね。断言しときます。

この授業の内容をしっかり消化してくれたら、
合格や目標点達成なんて楽勝!って授業してますから笑。

1対1〜3の少人数は、
成長に気づきにくいんですよね。
比べる相手がいない(少ない)から。

また私も気づかないんですよね。スミマセン。
いつも見ている自分の子供の成長には気づきにくいのと同じですよ。
田舎に帰って「××くん(ちゃん、さん)、大きくなったね〜?」とか言われ、
「あら、そうですか」となる事象ですね笑。

だから、どんどんできるようになっているのに
私が気付かずに さらに 私の要求がどんどん大きくなっていること多々ありますからね。

あ、そうだ!今年の入試の平均点発表されないなと思ってたら、
いつの間にか発表されていました。びっくりした、遅すぎません笑?
ただ欲しくてたまらなかった、正答率の資料を今年は公表してくれているんですね。
ありがたや、ありがたや。
http://kyouiku.oita-ed.jp/koukou/2017/07/post-169.html

卒塾した中3こそ、私が成長に気づかず、要求をエスカレートさせたけど、
最後までやり抜いた子たちの例ですよ。
平均点を見て、その思いは確信に変わりました。
今は、少しやりすぎたんだなと反省しています笑。
記事へトラックバック / コメント


勉強の仕方も教える

2017/07/28 15:43
この夏休み、一部の塾生には勉強の仕方も意識して教えています。

例えば、
「イの県について答えなさい」とあり、
イの県が問題に出題されていなければ、
当然、イの県は「何県か」を確認して問題を解くはずなので、
「イは何県?」と聞けば、返事がすっと返ってくるはずなのに、
そこで調べ始める塾生いたりします。笑。

また、間違えた問題のやり直しをさせるとき、
ワークや授業プリントなど調べるものを一切出さずに、
自分の頭だけでやり直す塾生もいます。
これは悪いとは言えない場合もあるが、それでまた間違えるなら、悪いです。
間違えたら、覚えていない、やり方が間違っているのだから、
ワークやプリント、教科書、辞書などを使って調べなおす必要があります。

当然、こういった子はあまり勉強時間のわりに点数が良くないです。
作業になってますからね。

でもこういうことって、本当は自分で気づかないといけないと私は思うのですよね。
いままでこんなこと言わなくても良かった塾生の方が多かったですし。

保護者の仕事をしている姿や、成績のよい友達の勉強する姿から気づくはずですよ。
授業内では、私はこう言っています
「もしあなたの保護者が家で仕事をしているときがあったら、見てみろ。
 書類とかで調べながら仕事してるはずだぞ!」と
(内勤や営業の業務の仕事に限りますが…)

また私自身は、授業で話したこともあるのですが、
友達(部活のキャプテン)から
「だからお前はバカなんだ」と私の勉強の仕方をののしられて気づきました。
記事へトラックバック / コメント


来てよかったと思う授業をしたい!

2017/07/25 22:26
この暑い中、
塾など行かずに、ずーっと寝ている人もいる中、
通塾してくれているんです。

当然、来てよかった、ためになったと思う授業をしたいのです。
そのために準備して待っているのです。

しかし、それができないのはなぜですか?

宿題の取り組み
・調べればわかることを調べずに適当に書いて済ませる
・問題文を読んでいなくて、記号で答えていない、何で育ちますか?にコケ植物と答える
・漢字の書き取りの問題で、虫のような字
などなど

これでどうやって来てよかったと思える授業ができるのでしょう?
教えてください。

宿題が大変だって!
ふざけるな!と言います。
ウチの塾の宿題は、事前に教えています。
連続で授業があり、その日の夜にたくさんの宿題をしないといけない塾がほとんどです。
それでもきちんと丁寧に取り組んで来るのです。
さすが、大手の塾に通う人は違います!うらやましいです笑。

それに比べたらウチの塾がどれほど
塾生のことを考慮した取り組みをしているか考えて欲しいですよ。

授業だって同じ。
1対1〜3で、あなただけに問題の解き方や
間違えたらなぜ違うか?どうやって考えたらよいかを話しているのに、
まったく覚えようとしない。
さらに個人帳票ブログに復習ポイントまで書いているのにね。

ウチの塾の良さがわからない、使いこなせない人は
他塾に行って勉強してほしい!
どれだけ、きちんとできるように考慮しているかわかって戻ってきて欲しいくらいです。
まだ3人ほど、通塾希望なんだけど、空きコマなくて保留や再検討をお願いしている方がいるので、
この調子なら、その人にコマを譲ってあげろと言いたくなりますわ!涙
本来なら、在籍生を優遇するのだけどね…涙

愚痴っぽくなりましたが、
来てよかった!わかるようになった!できるようになった!が
1つでも2つでも与えられるように準備しています。

ただ皆さんの準備が不十分なら、それはできないことを知ってください。

調べてもわからないなら、携帯借りて、メールで聞きなさい!
早めに通塾して聞きなさい!
こうなったら、いつでも返答・対応するよ!

意味のある授業にしたいなら、しっかりしてくれよん!
ただね、ちときついことをブログに書くと、すぐに反応・変化してくれる塾生がいるもの事実。
今日、前日とは別人の塾生いましたからね。保護者の協力もあるのでしょうが、さすがです。
今日はしっかり合格するための知識たくさん教えました!頑張りました!
これで理解できていなかったら、私が悪いです。お子さんはしっかり取り組みました。
ありがとうございます!
記事へトラックバック / コメント


2017 夏期講習スタート

2017/07/24 15:29
昨年2016の夏期講習の初日に私が書いたブログ。
http://maizuru.at.webry.info/201607/article_6.html

--------------------------------------------------------

「以前は「初日だけは、何もかもが完璧で、段々ダレてきて、ドカーンと雷」パタンだったが、
最近は「最初から気合が入っていなくて、ドカーンと雷」が多くなった。
また年々、最初の取り組みの雑さに唖然とする。

特に受験生へ
「夏を制する者が受験を制す」と言われるくらいに大事な夏です。
今日の授業や宿題の取り組みが、皆さんの「本気」ならば、
もう受験なんてしないほうが良い、行ける学校を探した方がいい

私の気合が空回りした1日であった気がする。」

------------------------------------------------------------
今年も同じだった。涙。
宿題は適当!何度説明しても覚えていない!

2年連続、唖然とするスタートになるとは私自身も情けなさを感じる。
覚悟のない子に用はないんですけど…笑。
「僕はヤダ!」って叫びたくなる by 欅坂46
記事へトラックバック / コメント


答えなんかどうでもいいんだ!

2017/07/21 22:00
今日の授業に来た塾生全員に言いました。

答えなんてどうでもいいんだ!
なぜその答えになるのか?
どうやってその答えを導くのか?

を考えてくれ、しっかり聞いてくれ!

あなたたちが一番真剣に顔を上げて、説明を聞き、メモを取らないといけないのは、
間違えた問題のやり直しのとき、やり直しを説明している時だ!

途中で答えが分かったからって、すぐに下を向いて解きなおすな!
まずは、しっかり聞け!考えろ!やり直しの解く時間はあげているじゃないか!

早く分かってくれよん!
点が取れないのは、答えだけを追い求めるから!
ちなみに1問1答にも、国語の読解問題だってその解答にしかならない根拠あるんだぞ。
覚えているだけで解ける問題は、もう問題とは言わないのだ!

塾に通うなら「なぜ」「どうして」「どうやって」を勉強する!
答えは上を理解していれば、間違いなく出ます!
記事へトラックバック / コメント


1学期の授業の終了単元について

2017/07/12 15:08
ウチの塾は1対1〜3までで実施していますので、
お子様によって授業進度は異なります。
どんどん進んでいる塾生もいれば、学校よりもかなり遅れている塾生もいます。

学校進度よりも塾が進んでいる方が、成績は上がりやすいのですが、
遅れてしまったらそれはそれで仕方ありません。
なぜ遅れたのかを考えればいいのです。
ウチの場合、他の人のせいにはできません。
すべて自分が悪いのです。宿題頑張った?確認テスト頑張った?

なお期末考査終了後、進度が学校よりも遅れている塾生は仕方ありませんので気にするなかれ!
だって、長浜祭りや台風での休校などがあったので、これはどうしようもないですからね。

ということで、もうすぐ夏休み、塾で言う夏期講習期間に入りますが、
各授業において下記の単元まで授業をしてから、
1学期や今までの復習に入りますので、確認しておきましょう!

また夏休み中にある通常授業のうち1回は2学期の予習になりますので、
通常授業があるので、夏期に授業追加をされていない場合は、
人によっては1学期の授業の残りと2学期の予習で終わる可能性もありますので、ご注意を!

もちろん各人に日程表を配布しますので、それにて確認ください。
夏休みに入ってからの授業追加も空き時間の許す限り可能ですので、
必要な際はご検討ください!

<1学期終了単元>→ここまでの授業をしてから復習に入ります!
【中学3年生】
英語:Lesson3(教科書27ページまで)
数学:平方根(教科書65ページまで)
【中学2年生】
英語:Lesson3(教科書29ページまで)
数学:連立方程式(教科書55ページまで)
【中学1年生】
英語:Lesson3(教科書41ページまで)
数学:文字と式(教科書73ページまで)又は(教科書65ページまで) ※学校によって異なります
国語:授業ワーク(第4章 説明的文章46〜57ページまで)
【小学6年生】
算数:速さ(教科書74ページまで)
※その他学年は、各人の個人帳票ブログの日程表に記載しています。

<2学期1回目の授業の単元>→夏期講習期間の最後の授業で実施します。
【中学3年生】
英語:Lesson4-1/SVOCの文(教科書38ページ)
数学:2次方程式(教科書74ページ)
【中学2年生】
英語:Lesson4-1/There is 〜.の文(教科書42ページ)
数学:1次関数(教科書64ページ)
【中学1年生】
英語:Lesson4-1/複数形(教科書50ページ)
数学:1次方程式(教科書86ページ)又は文字と式(教科書66ページ) ※学校によって異なります
国語:授業ワーク(第5章 説明的文章60ページ)
【小学6年生】
算数:円の面積(教科書75ページ)
※添削課題の範囲は各人に管理表を配布してお知らせします。
※その他学年は、各人の個人帳票ブログの日程表に記載しています。
記事へトラックバック / コメント


どっちでもいい?

2017/07/10 22:54
以前勤務していた大きな塾では、中3の集団授業が18:00〜でした。
当然、部活動をしている子は間に合いません。
中3は6月でほとんどの人が、引退するということでの授業設定でした。

よって4・5月は、18:00に教室に入ると4〜5人しかいない(全体では20数名)ことがほとんどでした。
私の性格上、黙っていられない性格なので笑、何度も教室責任者に
「なぜ来れないと分かっている時間帯を設定するのか?」
「部活が終わるまでは時間帯を下げて、なぜ実施しないのか?」と
たびたび文句を言いましたが、
「例年通りだから」(私はその校舎に異動になった初年度でした)
「初めからそう決まっていて、申し込んでいるのだから」
と全く取り合ってくれませんでした。

そして今でも理解不能だった言葉が
「こうあらねばならないという考えは捨てなさい!」でした。
なぜ私にこの言葉をくれたのか、今でも分かりません。
この言葉を私が言いたかったくらいです。

ただ、この件に関して、保護者や塾生から相談・クレームが来たり退塾するなどのことは起こりませんでした。騒いでいるのは私だけって感じでした。
つまりたとえ2〜3か月、間に合わなくても通う価値のある塾だということなのでしょう。
もちろん大きな塾で、名の通った塾でしたから。

今、自分で塾をするようになっても私の考え「通えない塾に通うのは…?」は変わりません。
時間が間に合わない、自宅から通う交通機関が不便な塾に、
いくらその塾が「素晴らしい塾」だとしても通う価値はありませんよ。
それも小学生・中学生ならなおさらです。

大事なのはきちんと通塾して、その塾の指導に合わせられることができるかです。
それだけで、私は必ず成績は上がると考えています。塾の名前ではないと思いますが…。
またそうすることで、立場は塾が弱くなるのも、この業界の特徴です。
「××塾に△年通って、宿題もテストもしっかり頑張ったのに、ちっとも成績が上がらない」と言って
その塾をフォローする人は皆無です。フォローの言葉として唯一考えられるのが、
「お子様にはその塾の指導方針が合わなかった」という言葉しかないでしょうね。

ちなみにそういう思いがあるので、ウチでは、
通塾曜日・時間帯は希望調査をしてから決定しています。
また振替や時間帯変更は可能な限り受け付けています。
ウチの保護者でも知らない方が多いとは思いますが、
通塾時間・曜日を変更や忙しい月だけ時間帯や曜日を変更する相談メール・LINEに対応してます。
無理なものは無理と返事はしますが…笑

「通えない塾に通うな!」とは考えますが、それに対して塾が何もしないのは私は許せないからです。
せっかく選んでくれた塾です。まずはできることはする!は当たり前のことです。
だから、ダメかなと思って、動かないのではなく、まずはメールやLINEで問い合わせてみてください。
もちろん相談されてもいないのに、こちらが忖度して動くことはありません。それは不平等ですから。(忖度って言葉を使いたくて笑)
冷たそうに見えるかもしれませんが、一応すべきことはしようとします!実際やれることはやります!
でも、無理な時は無理とはっきり言うのも私です…笑


ちなみにタイトルの「どっちでもいい」と上の話のつながりが分からないと思われた方、
最初に書きたかったのは下記なのです。
数学の中1・2で文字を使って数量を表す学習をしています。
@文字式(項が2つ以上)にかっこをつける か A単位にかっこをつけるか の書き方があります。

おそらくどの学校の先生も、どっちでも良いと教えていると思います。
私は、以前はAの単位にかっこをつける方で指導していました。こっちの方が生徒が簡単に感じるからです。つまり、生徒に簡単!と思わせる安易な道を選んだのです笑。
ただし、今は@の文字式にかっこをつける方にするように指導しています。
多くの教科書や問題集がそうなっていますし、ある先生から、チクッと言われたこともあって笑
それに、個人的にもこちらの方が理にかなっていると思います。
 50a+b (円)より、(50a+b) 円の方が、文字式の( )の意味を理解しやすいと思いますが…。
念のため、塾生には「学校の先生はどう言ってる?」と聞いてはいます。

「どっちでも良い」という言葉は便利だが、「なぜ、どっちでもいいのだろう?と思うなぁ〜」で
話を広げて書く予定だったのですが、書こうと思った瞬間に上の話に切り替えたので、
タイトルと内容が不一致なのです。お分かりいただけましたか?

でも行間をかなり拡大解釈、いや忖度して(使い方間違ってる笑)、読み返してみると
上の話も「どっちでもいい?」につながるような気がする。きっと。たぶん。
記事へトラックバック / コメント


国語こそ「分かりません!」を

2017/06/03 15:56
国語の授業は難しいですよ。
まず「他人の書いた文章」を「他人の解釈したもの」になるように考えるのですから笑。

中1の教科書にある文章からの問題で
「酸っぱい」と表現されていた梅干しのお菓子の味が
「甘酸っぱい」に変わったことから、
川口君と少し仲良くなったことを考えさせる問題を解かせ、解説したあとで、私は思わず

「文章を書く人ってすごいな。こんな細かなことまで考えて文章を書いているんだよ」と言いましたが、
ただその裏にある私の悪魔の心は笑、
「ホントにこんなことを考えて表現を変えたのかな」と疑っていたことは口が裂けても言えません…笑。


また指導者の語彙知識や文法力、人生経験と生徒のそれは全く違います。
いくら分かりやすく説明しようとしても、算数や数学のようにわからないことを的確に理解してあげることは難しいです。

ある問題で「義足」という言葉が文章にありましたが、
私は「義足」とは「足を失った人が付ける人工の足だ」と説明はしますが、
その生徒がそれでわかるのかは分かりません。
見たことも聞いたこともないものならば、イメージできないでしょうからね。


だから国語こそ「分かりません」が大切な教科はない!と考えています。
「分かりません」と言うと説明が長くなったり、叱られたりするのではないかと
考えて言えなくなる生徒も多いと思いますが、
繰り返しますが、国語こそ「分かりません」を言わないとダメです。
私も言わせない雰囲気を出すこともあるので、気を付けたいです。

ただし、「分かりません」といって再度説明をしてもらっても、
意味の分からない言葉を辞書で調べても
やっぱり理解できないことがあるのも国語です。
私にもありました。

そんな時は、そのように考えるんだなと学ぶのも実は国語なのです。
一般多数の意見を素直に受け入れることも大切なんです。


ところで、上の中で国語の理解には人生経験が必要だと書いたのをお気づきですか?
「義足」のたとえで、納得してもらえる方もいるでしょうが(いて欲しい笑)、
実際にあった授業での問題からもう少し詳しく書いてみましょう。

題材は
 子猫を助けるために電車にはねられて足を失い義足となった男の子と主人公が会話しているという内容で、
 話をしているうちに主人公はこの男の子のことをだんだん好きになっていきます。(好きになるといっても恋愛感情ではないですよ)

問題は「なぜ主人公は男の子をだんだん好きになり始めたのですか」でした。選択式の問題だったのですが、
正解は「つらい目にあっているのにとても明るかったから」でした。
ちなみにその時の塾生の誤答は「子猫のことをとても心配していたから」でした。

これを読まれている方の中にも、誤答の方が正解なのでは感じるはずです。
私もその誤答を聞いた後、「そうだな。自分を犠牲にしてまでも子猫を助けようとする人は好きになるよな。でも違う」と言い、正解の説明をしました。

まず、
話をしているときの男の子の描写に「笑っている」「笑って〜」と2度も「笑っている」という記述があることがポイントだと言いましたが、塾生はわかっていない様子がありありと感じられました。
そこで「キツイ、ツライときに笑顔で頑張ろう!と言う子は、みんなから好かれるやろ。」と部活動の例を出しながらこの解答の説明をしましたが、納得はしてくれていないようでした…。

大人のテクニック論で言えば、このつらい状況で「笑う」という表現を2回も使うのは、意図があるに違いないと感じられるし、私の部活動の例えも、大人なら納得してもらえると思います。
しかし、まだそういった経験のない子供たちにとっては、難しいでしょうね。

国語ができるようになるには本を読めと言われます。
本を読むのは、活字に親しむことだけでなく、
こういった経験を本を通して体験することができるようになるからだと考えます。

恋愛をしたことがない子でも、恋愛小説を熟読していれば、
異性の気持ちが理解できますよね、(ちょっと強引な押し付け?笑)

国語の授業は本当に難しいです。

このブログで出てきた話は
辻仁成「そこに僕はいた」、瀬尾まいこ「花曇りの向こう」 からでした。

記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
コップに水を入れること
ウチの塾の新規入塾生募集の記事にPRとして成績アップの例の記事を載せています。 それを分かっていて、このような記事を書くのは、どうなのと思われる方もいるでしょうが・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/01 21:27
1対1指導コースと少人数指導コースの違い
タイトルの件ですが・・・ まず人数が違うことはお分かりいただけると思いますが、 (なお少人数指導は4名までです。) そのほかにもさまざまな違いがあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/28 16:00
春期講習を終えて
春期講習を終えて 今年の春期講習で私がいちばん好きだった問題とその問題をウチの塾ではどのように授業するか(私の事前の指導計画を含めて)書いてみました。この問題を、このように取り組んだウチの塾生は間違いなく賢くなりました! ちなみに問題は「新中1の数学の小学生の復習」です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/08 13:22
入塾条件はないけれど…
ウチは以前のどこかのブログでも書きましたが、 「来るもの拒まず、去る者追わず」の考えでやっています。 (そうしないと経営が成り立たないのでは?という、勘繰りいりませんよ!笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/01 17:53
春期講習始めました
春期講習始めました タイトルは「冷やし中華始めました」風に読んで欲しいだけで書きました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/28 16:40
何が大事で、何を覚えるかを考えよう
ウチの塾の小学生との授業でよく出てくるやりとり ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/07 20:12
自信があります!C
好評の?笑、このシリーズも第4弾! 今日の他塾に負けないことは、ずばりウチの塾生は 「カッコいい子たち」である、あるいは「そのようになろうとしている」ことである! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/25 09:16
どうでもいい話(2/21追記)
どうでもいい話を3つ ・生命保険会社のCMで、試験終了後に名前を書いていないことに気づいたが、 止めと言われたあとだから書かなかった、すると1UPだというやつ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/02 23:23
素晴らしいノート・答案例(2/…更新)
素晴らしいノート・答案例(2/…更新) ○汚い答案撲滅キャンペーンを実施します 当たり前のことを忘れていました。それは「良いものは真似をする」です。真似をしてください。頑張っているものは特に! やっと私が皆さんに見せたかったノートやワークの答案が撮れました。これが私が感動した!ものです。 こんな答案や取り組みを見せられたら、絶対テンションマックスになるし、分かるまで教えてあげようと思うはず。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/01 20:12
1回の記事にするにはと思った記事の寄せ集め
「自分で言うのもなんですが・・・」 第3回の中3の大分県合同模試の平均点と 私がこのブログで今までの指導経験や問題分析力からの正答率予測による これだけはできてほしい点数が平均点とほぼピタリだった件 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/21 12:28
十人十色
十人十色 まだ実施していない塾生もいるのですが、 小学生の塾生の国語で実施している「頭の体操」が発展編に突入しました! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/12 12:22
塾の取り組みQ&A
私はこの塾を長いこと同じ考えで行っているので、当然分かっているのですが、入塾して間もない子や言われたことを何も考えずに受け入れる子は、ウチの塾のことについて「なぜなのか」分かっていないこともあると思ったので、勝手にQ&A形式にして書いてみました。参考になればと思います。どんどん更新します。多分。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/11 23:57
変化の歴史@
先週書いた「考えろ!」の記事の続きになりますが、 塾生に考えさせたり、変化を求めたりするだけでなく、当然私も考えたり、変化します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/01 12:00
考えろ!
昨日はすべての授業で宿題の取り組みに注意&喝をしました。 中3の授業がなかったのもその理由かな?笑 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/24 09:19
当然の結果!
当然の結果! 夏期講習で実施した模試の結果が返ってきました。 写真は、この夏「特に頑張った塾生」(MVP)に選んだ子の結果です。 当然の結果ですね。(このように書きながらも内心ほっとしていますけどね) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/19 17:46
宿題は作業でもテストでもないのだ!(9/17追記)
タイトルの通りです。 宿題は、作業でもテストでもありません! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/16 15:56
記憶に残る授業
2学期に入って、学校も始まり、忙しくなったことで、悲しい取り組みが見られます。 特に学年が下がるにつれて多くなります。それは、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/10 13:17
夏期講習会最終日
夏期講習会最終日 最終日です。 今年の夏期講習は、本当に私が悩みました。 塾生たちは、「何を求めているのだろう?」 私は塾生たちに「何を与えられているのだろう?」と その結論は、まだ出ていません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/27 00:00
夏期講習28日目
夏期講習28日目 この夏、私はこの塾に通って「得られること」って何だろう?と何度も考える機会がありました。 「成績を上げる」「志望校に合格する」 これは当たり前のことであって、これを目標にしていない塾はありません! では、それ以外に、この塾に通うから「得られること」とはなんだ? 昨日の授業で気づいたことがあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/26 13:18
夏期講習27日目
夏期講習27日目 昨日の続き! とはいったものの、ここ最近のウチの塾の子どもたちの様子を見ていると少し気になることがあります。 ウチで見られるのだから、全体的にそうなんでしょうがね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/25 09:34
夏期講習22日目
昨日、体験面談がありました。来週も2件面談が決まりました!ありがとうございます! 面談なので入塾が決まったわけではありませんが、 電話やLINEで問い合わせがあることが、ありがたいことです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/19 14:04
夏期講習21日目
夏期講習10日目の記事 http://maizuru.at.webry.info/201608/article_4.html を書いてから、宿題の取り組みに変化が見えるようになってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/18 09:38
夏期講習19日目
夏期講習19日目 塾生のなかに気づいた子はいないでしょうが、私は夏期講習の7日目ごろから「あること」を変えました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/16 09:03
夏期講習16日目
今日は感動した2つの塾生からの言葉 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/11 09:16
夏期講習15日目
夏期講習15日目 ネタがない笑。なので、 今日は、小学生の塾生の授業の最初にウォームアップとして実施していることについて書きます! 小5の3学期に「空間図形」に入ります。そのとき立方体や直方体、さらには円柱や円錐などの見取り図を書く単元があるのですが、まぁ〜これが書けない(下手な子)が多い! ただ悲しいことに、コレは1回の授業でできるようになるものでもありません。日々の練習が大事! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/10 12:30
夏期講習13日目
今日は欠席者が多かったので、写真撮るほどの出来事なし! 体調管理には十分注意してください。 またココは学校ではないので、皆勤賞を褒めることはありませんので、 全力で集中して完璧にできないと判断した時は、欠席でOK! 元気なときに、振替で頑張ろう!振替可能日が増やせるように調整します! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/08 16:00
夏期講習11日目と明日8/6の自習室
明日8/6土の自習室は、午後2時から午後5時までの間は開放します。 今日は写真のネタなし笑。みんな頑張ったけど、取り上げるほどのものはないですわ笑。 当たり前のことばかりでした。そんな簡単に取りあげたら、価値が下がる。 つまり、ここにあなたの取り組みの写真が載ったら、それは相当素晴らしいということにもなるのですよ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/05 17:55
夏期講習10日目
夏期講習10日目 今日の1枚は、小学生の算数の宿題からの1枚。 間違えている問題の写真を載せるのは少し悩んだのですが、褒めたいので載せました。 この写真のように「どうやって考えたか?」をきれいに、丁寧に書いてくれれば、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/04 20:08
夏期講習9日目
夏期講習9日目 今日の1枚は、小学5年生の教科書漢字の確認テスト! ウチの塾生は「完璧」を求めることに反抗するらしく笑、なぜか98点が多い!遠慮せずに満点取ろう!!! もう1枚は、高校生の授業後の黒板、2次関数のグラフの移動を@頂点の座標の移動からA曲線の方程式よりの別解で学習した後です。ウチの塾では、設備や授業回数・時間に制限があるので、何でもOKとはいかないのですが、教科書・センターレベルの英数ならしっかりサポートさせてもらいます。高校での指導経験あります! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/03 13:30
夏期講習4日目
夏期講習4日目 見た瞬間に「あ〜」ってなってしまうこと! 何度も言ってるよね!写真のような答案は、絶対に○にしないよ!何回お願いしたらできるようになってくれるかな?字を書く、計算をするのもスポーツするのと同じ!気持ちを込めて取り組もう! ウチの塾の生徒ではないが、小2の女の子でも枠内に収めよう!間違えたら消しゴムできれいに消して書き直そう!丁寧に文字を書こう!と一生懸命書くよ。その姿に心打たれるわ笑。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/28 23:23
夏期講習 初日!
以前は「初日だけは、何もかもが完璧で、段々ダレてきて、ドカーンと雷」パタンだったが、 最近は「最初から気合が入っていなくて、ドカーンと雷」が多くなった。 また年々、最初の取り組みの雑さに唖然とする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/25 22:39
さぁ!夏休み!
7月25日(月)から、本格的に夏期講習期間がスタートします! 夏は暑いですね、また忙しいですね。 人は暑くて、忙しいとついイライラしてしまいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/24 16:57
授業で悩む
小学生の授業で「速さ」を学習しました。速さって大事ですよ! 本日は「時速」を「分速」に直す方法を勉強(復習)したのですが・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/19 23:05
今こそ気持ちを引き締めて!
はい!やってきました中だるみの時期! 小中学校では、運動会・体育祭の練習もあるところもあり仕方ない学校の塾生もいますが・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/30 00:01
言い続ける!
自分の恥を書くのはなんですが・・・ 私は「お箸の持ち方」と「鉛筆の持ち方」が正しくありません。 といっても、奇妙な持ち方をする芸能人ほどひどくはありませんよ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/26 17:30
優先順位を教えてあげて!
塾生も保護者の方も読んでください! 昨年も書いた記憶がありますが、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/24 00:02
鉛筆とシャープペン
小学生からたまに 「塾でシャープペンを使ってもいいですか」 と聞かれることがある。 今日、久しぶりに聞かれた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/22 22:51
小学生の指導で意識すること
ウチの塾の場合、 小学生の指導で意識することは 学力面の指導ももちろん大事ですが、 集中して取り組む姿勢を作ることです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/21 22:54

トップへ | みんなの「小学」ブログ

舞鶴学習館 小学のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる