アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「小学」のブログ記事

みんなの「小学」ブログ


新年度生 募集!

2017/06/29 23:59
新年度及び春期講習会の塾生を募集します!

当塾の「入会案内」(入会規約・開講講座案内・費用・指導方針)は下記をクリックしてご確認ください。
◎舞鶴学習館 入会案内←ココをクリック!

ウチの塾は、
@県内でおそらく他にないほど「個に対応した塾」です。
授業・宿題対応・確認テスト・塾生の理解度の把握など
ただし、1から10まで教える塾ではありませんので、誤解をされないでください。
また、1人1人を見るということは、細かいことまで目が届いてしまいますので、他では指摘されないようなことまで指導に入ることがあり塾生にとっては大変ですが、結果は必ずついてくるものと考えております。

またA県内で他塾に負けないくらい費用対効果の高い塾です。
お勧め受講例として、
新中学3年生〜5教科受講(英数は授業、国理社は添削指導又は演習講座なら)〜
 月謝は15,000円〜となります。これに9月からの入試対策講座を追加しても18,000円〜です。
新高校1年生〜英数授業+学校の課題の質問は毎日対応〜
 月謝は11.000円〜となります。 なお高校生は入塾に条件があります。 
この料金で1対1〜4です。また他の個別指導のように、1人が問題を解いている間にもう1人を指導するような個別指導ではありません。黒板を使ったり、自分の考えを言わせたりする集団指導形式の個別指導です。

気になるけど、実際に授業を受けてみなければわからないとお考えになる方は無料体験を受講ください。
なお当塾の案内(パンフレット)は塾前にもありますので、ご自由にお取りください。


★PR★〜舞鶴学習館での成績アップ例
成績アップ例@     ◎成績アップ例2017A     ◎成績アップ例2017B
知られていない記録   ◎THIS IS THE 舞鶴学習館   ◎E判定からの挑戦
自信があります     ◎自信がありますA
記事へトラックバック / コメント


国語こそ「分かりません!」を

2017/06/03 15:56
国語の授業は難しいですよ。
まず「他人の書いた文章」を「他人の解釈したもの」になるように考えるのですから笑。

中1の教科書にある文章からの問題で
「酸っぱい」と表現されていた梅干しのお菓子の味が
「甘酸っぱい」に変わったことから、
川口君と少し仲良くなったことを考えさせる問題を解かせ、解説したあとで、私は思わず

「文章を書く人ってすごいな。こんな細かなことまで考えて文章を書いているんだよ」と言いましたが、
ただその裏にある私の悪魔の心は笑、
「ホントにこんなことを考えて表現を変えたのかな」と疑っていたことは口が裂けても言えません…笑。


また指導者の語彙知識や文法力、人生経験と生徒のそれは全く違います。
いくら分かりやすく説明しようとしても、算数や数学のようにわからないことを的確に理解してあげることは難しいです。

ある問題で「義足」という言葉が文章にありましたが、
私は「義足」とは「足を失った人が付ける人工の足だ」と説明はしますが、
その生徒がそれでわかるのかは分かりません。
見たことも聞いたこともないものならば、イメージできないでしょうからね。


だから国語こそ「分かりません」が大切な教科はない!と考えています。
「分かりません」と言うと説明が長くなったり、叱られたりするのではないかと
考えて言えなくなる生徒も多いと思いますが、
繰り返しますが、国語こそ「分かりません」を言わないとダメです。
私も言わせない雰囲気を出すこともあるので、気を付けたいです。

ただし、「分かりません」といって再度説明をしてもらっても、
意味の分からない言葉を辞書で調べても
やっぱり理解できないことがあるのも国語です。
私にもありました。

そんな時は、そのように考えるんだなと学ぶのも実は国語なのです。
一般多数の意見を素直に受け入れることも大切なんです。


ところで、上の中で国語の理解には人生経験が必要だと書いたのをお気づきですか?
「義足」のたとえで、納得してもらえる方もいるでしょうが(いて欲しい笑)、
実際にあった授業での問題からもう少し詳しく書いてみましょう。

題材は
 子猫を助けるために電車にはねられて足を失い義足となった男の子と主人公が会話しているという内容で、
 話をしているうちに主人公はこの男の子のことをだんだん好きになっていきます。(好きになるといっても恋愛感情ではないですよ)

問題は「なぜ主人公は男の子をだんだん好きになり始めたのですか」でした。選択式の問題だったのですが、
正解は「つらい目にあっているのにとても明るかったから」でした。
ちなみにその時の塾生の誤答は「子猫のことをとても心配していたから」でした。

これを読まれている方の中にも、誤答の方が正解なのでは感じるはずです。
私もその誤答を聞いた後、「そうだな。自分を犠牲にしてまでも子猫を助けようとする人は好きになるよな。でも違う」と言い、正解の説明をしました。

まず、
話をしているときの男の子の描写に「笑っている」「笑って〜」と2度も「笑っている」という記述があることがポイントだと言いましたが、塾生はわかっていない様子がありありと感じられました。
そこで「キツイ、ツライときに笑顔で頑張ろう!と言う子は、みんなから好かれるやろ。」と部活動の例を出しながらこの解答の説明をしましたが、納得はしてくれていないようでした…。

大人のテクニック論で言えば、このつらい状況で「笑う」という表現を2回も使うのは、意図があるに違いないと感じられるし、私の部活動の例えも、大人なら納得してもらえると思います。
しかし、まだそういった経験のない子供たちにとっては、難しいでしょうね。

国語ができるようになるには本を読めと言われます。
本を読むのは、活字に親しむことだけでなく、
こういった経験を本を通して体験することができるようになるからだと考えます。

恋愛をしたことがない子でも、恋愛小説を熟読していれば、
異性の気持ちが理解できますよね、(ちょっと強引な押し付け?笑)

国語の授業は本当に難しいです。

このブログで出てきた話は
辻仁成「そこに僕はいた」、瀬尾まいこ「花曇りの向こう」 からでした。

記事へトラックバック / コメント


コップに水を入れること

2017/05/01 21:27
ウチの塾の新規入塾生募集の記事にPRとして成績アップの例の記事を載せています。
それを分かっていて、このような記事を書くのは、どうなのと思われる方もいるでしょうが・・・

例えば、「〇点アップ!」などの記事や広告を見ると
塾によっては、「さすが××塾!すごいな」と感じたり、
「え、あの△△塾が・・・あやしいなぁ」と疑うこともあるかもしれません。
ウチは後者かな?笑。しかし、記事は事実ですからね。嘘はないです!

話がそれましたが、成績アップには実はからくりがあるのです。
コップに例えると分かりやすいのですが、能力をコップとします。
おちょこ、マグカップ、ビールジョッキなど様々なコップがあります。
(ここでのコップは上のようなものをひっくるめて考えてください)

私たちがどのコップを持っているのかは、今での学習量や質などで決まっていて、
また教科でも異なります。

例えば、ビリギャルの女の子。
高校になって勉強しなくなったとはいえ、中学受験を経験しています。
都会の中学受験です。そのハードさは書くまでもありません。
それによってつくられた彼女の勉強のコップはビールジョッキだと考えられるでしょう。

高校になってその中に水は入っていません。注ごうともしませんでしたが、
大学受験を目指すようになって、水を入れただけです。
だから器は大きいのですから、どんどん入ります。
つまり、やればやるほど成績はアップしていくのです。
塾がどうのこうのより、もともとの彼女のコップが大きくて、それに水が入っただけです。
この場合、塾は水の入れる速さや量を調整する役割ですね。
ただ能力のない塾なら、目標日までに水を満杯にできませんがね笑。
そう考えれば、あの塾は良い塾なのです!

実は「〇点アップ!」で一番多いのは、このタイプです。
コップの種類は異なれど、水を入れさえすればよかっただけなのです。

よって、塾が一番大事にしないといけないのは、
コップのなかの水が満杯になった子の対応です。
より大きなコップに変えてあげなければなりません。
これは指導者にとっても、塾生にとっても大変です。
勉強の時間・質・やり方から見直す必要も出てきますからね。

またこういったことに気付いてくれるか、気づいたら対応してくれるかも
塾選びの私は基準となると思います。

4月の模試の結果が返ってきました。
正答率と正誤を見ることで、まだ水が入るのか?入っていないのか?
それともコップを大きくする必要があるのか?が分かりました。

コップを大きくする必要のあるご家庭との面談では
簡単に大きなコップに取り替えることはできませんので、
ちょっときつい面談になりそうですが、
まずは大人である私たちがしっかり理解して
お子様をサポートしていかなければならないと考えます。

またコップを大きくするときによく犯す間違いが
応用問題や入試問題に挑戦させようとすることです。違います。
こういう時こそ、基礎・基本問題を確実に押さえつつ、
その子にあったレベルの問題を選ぶことです。
また答えの暗記ではなく、根底理解、「なぜ」「どうして」を考えることです。

これは運動でもピアノでもなんでも同じだとは思いますが…
さらにステップアップをするためです、頑張ろう!
記事へトラックバック / コメント


1対1指導コースと少人数指導コースの違い

2017/04/28 16:00
タイトルの件ですが・・・
まず人数が違うことはお分かりいただけると思いますが、
(なお少人数指導は4名までです。)
そのほかにもさまざまな違いがあります。

塾としては1対1を入塾時には勧めますので、
1対1指導コースが少人数指導コースよりも優遇されることを書いておきます。

@日程調整の際は、1対1指導コースの塾生の希望を優遇します。
 通常授業は4月在籍者のみとなりますが、
 定期考査対策無料補習の日程(回数も他コースより多くなります)
 夏期講習・冬期講習の日程 が該当します。

A夏期講習・冬期講習の料金が割り引かれます。
 詳細は講習会前にお知らせいたしますが、他のコースの塾生より割安で受講できます。

B在籍期間ずっと1対1です!(当然ですが…笑)
 少人数指導コースは、今後クラス人数が最大4人まで増える可能性があります。学力差を考慮して、なるべく得意・不得意の差が大きくならないように調整や誘導をしますが、クラスによっては、定期考査50点と90点の塾生の1対2になったりする可能性がありますが、1対1コースならはその心配はありません。

C添削指導コースが1教科分無料です(教材費は必要です)

塾としては、毎月の納入金額が多いご家庭への配慮として実施しております。
これで中3なら、月に3,000円程度(週2回通塾)しか変わらないのですから、1対1をお勧めすることをご理解いただけると思います。

現在、在籍中の方でも、少人数指導コースから1対1指導コースへの変更は可能ですので、希望される方は遠慮なくお申し出ください。ただし、日程の優遇を実施するには、ある程度の制限をしなければなりませんので、1対1指導コースは、あと3人で締め切らせていただきます。よろしくお願いいたします。
記事へトラックバック / コメント


春期講習を終えて

2017/04/08 13:22
今年の春期講習で私がいちばん好きだった問題とその問題をウチの塾ではどのように授業するか(私の事前の指導計画を含めて)書いてみました。この問題を、このように取り組んだウチの塾生は間違いなく賢くなりました!
ちなみに問題は「新中1の数学の小学生の復習」です。
画像

@「この面積は、私たちが知っている面積の公式を使って解ける?」
・「使えません」→B
・「台形の面積の公式が使える」→A

A「では、その公式に当てはめて求めることができる?何か困ることない?」
・「上底の長さがわかりません」→B

B「では、このように公式が使えない図形の面積はどうやって求めたらよかった?」
・「わかりません」→C
・「切って考えるか全体を囲み引いて考える」→D ※どちらか一方しか答えられなかったらC

C立体の体積ならウチの塾生は理解できていることを通常授業で把握しているので、階段状の立体を黒板に描いて、この体積を求める方法と同じだ!とヒントを与えると
・「切って考える か 全体の大きな直方体から引いて考える」→D

D面積でも同じように考えることができると押さえて、「では、この問題ではどちらで解けそうですか?」
・「引いて考える」→E
・「切って考える」→G ※ただしこれを答えた塾生にもEでは無理かの質問はして確認する

E「では、何から何を引くと考えるの?」
・「台形から三角形(直角三角形)の面積を引く」→F

F「答えを出せそうですか?考えてみて?困ることない?」
・「三角形の底辺の長さが分かりません」

G「ということで、切って考えるしかないな。(A〜Dの頂点を記入して)ではどこで切る」
・「BCです」→H 
・「ADです」→I ※Hは、なぜできないのかは確認はします。

H「2つの三角形ができたな。では面積求められるか、考えて」
・「出せません。AB(底辺)の長さが分からない」→I

I「では、BCで切るしかないな。また、2つの三角形ができたな。では面積求められるな」

J「では、あとは任せる!答えが出たらお知らせください」

です。
 もちろん、@〜Iの途中で「底辺と高さは垂直な関係にあること」や「台形は1組の向かい合う辺が平行」「三角形・平行四辺形・台形などの面積の公式」などの基本的知識が理解できていない塾生には、その確認をはさみながらですから、塾生は頭をフル回転させながら授業に臨んでいます。

 
 通常授業は新しいことを学習するのですから、私からの説明が多くなりますが、講習期間は復習+演習ですから、このように塾生の意見を言わせる、考えさせることが多くなります。

 またここで沈黙したり、覚えていなかったりすると、どんどん追い込んでいきますので笑、嫌になる子も当然出てきます。ウチの塾で退塾が一番多いのは、この講習会の時期なんですよね笑。それを分かっていてもやり方を変えないし、フォローもしないことに悩みはしてますけどね。この春は気になる(辞めそうだなと感じた)塾生はいましたが、今のところ脱落者は0です。

 では、苦しまないためにはどうすればいいのか?は簡単なんです。通常授業で答えだけでなく、
・「なぜその答えになるか」「なぜそのように考えるのか」をしっかり聞く(ちゃんと言ってますからね笑)、
・宿題を完璧に仕上げる(正解にもこだわるが、なぜその答えになるのか?間違えた問題こそ、なぜその答えになるのか?自分の解答はなぜダメなのかをしっかり聞き、メモをする)。

 これだけでいいのです。1対1〜3なのですから、自分の間違えた問題をピンポイントで説明しいるのですから、これほど素晴らしい塾はないはずです笑。
 
 アメトーークでもオリエンタルラジオの中田さんが言ってましたよね。
「黒板を写すだけではダメ!だ」と言うことを!「先生が話しているなかに大事なことはある」と!まさにコレです。

この話をしたら、突然ある塾生が「見ました!」と言われましたが…笑
塾では新学期が始まっています。この講習会での授業で感じた悔しさや取り組みの甘さが、通常授業や宿題の取り組みの変化を促すきっかけとなれば、退塾者が何人でようとも残ってくれた塾生の成績アップや目標達成につながるものだと信じて私も頑張ります!

なお上のやり取りは実際にウチの新中1の授業で行われたことを追記しておきます。多くの中1は、@〜Jを全部聞かれたわけではないのですが、1人だけすべて聞かれた塾生いました。大変そうでした笑。よってフィクションではないですよ。


記事へトラックバック / コメント


入塾条件はないけれど…

2017/04/01 17:53
ウチは以前のどこかのブログでも書きましたが、
「来るもの拒まず、去る者追わず」の考えでやっています。
(そうしないと経営が成り立たないのでは?という、勘繰りいりませんよ!笑)

ただウチが嫌がるタイプの塾生は、当然います。
失礼ながら「塾を変えなさい!」「塾をやめなさい!」と言います。

では、それは何かと聞かれれば、
「当たり前のことができない」塾生です。

当たり前のこととは
・忘れ物をしない  ・挨拶をする(小声でも相手に聞こえれば可)
・時間を守る  ・嘘をつかない  など

おそらく多くのご家庭でも言われていることだと思います。

ウチのような小さな塾と大きな塾で差が出るのは実はこういったことです。
講師の能力の差は負けてませんからね!笑

例えば、
大手の塾なら、裸足にサンダルにヨレヨレのジャージで塾に通いません
でもウチのような小さな塾なら、別に気にしないとなる

大手の塾なら、授業開始3分前に教室に駆け込まない
でもウチのような小さな塾なら、大丈夫だとなる

大手の塾なら、忘れ物をしない
でもウチのような小さな塾なら、なんとかなると考える

さて、お子様にとってはどちらが良いことでしょうね。
答えは書くまでもありませんね。

恥ずかしいから、笑われたくないからなどが、その理由になるかもしれませんが、
大手ではできないことを小さな塾ではやってしまうなら、
大手に通わせるべきです。そうしないとお子様のためになりません!

大人が地位や身分で人を見るのと同じです。
あるいは他人の目がないと手を抜くのと同じです。
私はそんな風になりたくないし、そんな塾生にしたいと思っていません。
また、まずは改善してもらえるように指導します。
ご理解いただければ助かります。

ちなみに、
なぜウチの塾の卒塾生を根性があるというのか?は、
こういった当たり前のことをきちんとできるからです。
クラスには自分または友達しかいない環境の中で!
よほど自分を律することができるしっかりした子でないと無理ですよね。
だから素晴らしいのです!かっこいいのです!
舞鶴学習館の塾生は!

追記
もちろん、この塾の環境や私自身が当たり前のことを当たり前にしなくていいや!
と感じさせることになってるのかもしれないとも考えています。
子どもは大人を見ますからね。私も頑張る!
記事へトラックバック / コメント


4月の予定<4/22更新>

2017/04/01 00:00
@4月の授業期間
★4月5日(水)〜5月2日(火)までの期間です。
★ゴールデンウイーク期間の休館日は 5月3日(水)、4日(木)、5日(金)のみです。
 4月29日(土・祝)、5月6日(土)は通常通り授業を実施しますので、家族旅行等で都合が合わない場合は、4月22日(土)〜5月14日(日)→28日(日)までの間に必ず振替を実施してください。
※新しい振替希望届は、1学期の授業にて配布しますが、今までの用紙も使用できます。
※下記に4月〜6月までの授業期間を載せていますので、ご確認ください。

A4月の振替可能曜日・時間帯について<4/22更新>
毎週月曜日 午後8時40分〜9時50分  毎週水曜日 午後6時〜7時10分 午後7時20分〜8時30分
毎週木曜日 午後6時〜7時10分
毎週土曜日 午後3時20分〜4時30分 午後7時20分〜8時30分

◎水曜日の午後7時20分〜の枠が時間帯変更のため振替不可となります。それに伴い、木曜日の午後6時〜が振替可能になりました。4/22記載
※上記で都合がつかない場合は、日曜日の設定も可能です。可能時間帯はお尋ねください。
※午後4時40分〜午後5時50分は、月・金→木曜日対応可能です。
※振替は、振替希望届(配布済み:上の月が異なっていても下の書式は使えます)、間に合わない時は、メール・LINEでお願いします。口頭での振替は受け付けませんので、ご了承ください

Bその他
◎入退出メールの不着の場合
 (1)迷惑メールフォルダーの方に届いていないか? 
 (2)迷惑メール設定でパソコンからのメールをすべて不可にしていないか
をご確認ください。
◎通塾時の服装について
 【ご遠慮願いたい服装】   ・裸足 ・サンダル  ・就寝着(パジャマ・寝巻)に見える服 など
 【特に気にしていない服装】 ・学校指定の体操服 ・クロックス(靴下着用) ・市販のスポーツジャージ など
◎電話での連絡・問い合わせに関して
 授業中は授業を優先しますので、電話は取らないことがあります。ご了承ください。
◎帳票ブログに記載の【次回の確認テストの範囲】について 
 お子様の連絡帳には書いていません。確認テストは、授業→宿題の答え合わせの翌週に実施しているので、範囲の連絡は不要と考えています。同じことを2回勉強しているので、覚えていなければ意味がない!
◎遅刻の連絡について
 遅刻する場合は必ず事前に連絡をお願いします。電話での連絡を希望しますが、忙しい場合はメールやLINEでも構いませんし、「遅れるかもしれません」でも構いません。また事情のある遅刻や欠席をすることは、仕方ないことですので、気になされないでください。ただ連絡をしないことや欠席の場合は、振替をしないことに関しては、恐縮ではありますが、一言申し上げます。

画像

※赤が4月、青が5月、オレンジが6月の授業期間です。
※クリックすれば大きくなります。 
記事へトラックバック / コメント


春期講習始めました

2017/03/28 16:40
タイトルは「冷やし中華始めました」風に読んで欲しいだけで書きました。

タイトル通り「春期講習を実施中」です。
私事で恐縮ですが、どうもここ数年、春は体調がすぐれない。
とくに目まいやふらつき感がします。頑張れ!自分!笑

さて、広告も全く入れませんでしたが、新規入会がなぜか予想以上にあり
授業コマも順調に埋まりつつありますので、焦って新規募集をする必要なくなりました。
(広告自体は昨年度の余りが4000部程度あり、ゴミになるので広告入れた方がいいのだが…
5月の連休明けあたりに折り込んでみようかなと検討中)

また塾経営者にとってはおそらく良いことになるのでしょうが、
ウチの塾の在籍者の学年の割合が新中1以下が7割なので、
新中3や新高1が来てくれないかぁ〜と願っています。
この春期講習ですでに何回、小数の割り算の余りの小数点の話をしたことでしょう!笑

本題に戻って笑、ウチの講習は演習メインですから、
私が説明をしなくてよいので、楽といえば楽です笑。
ある140分の授業で、私は声を発した時間が30分もあったかなと思われる時もありました。
「×番の答えは?」「はい、正解」「では、次は××をして、終わったらお知らせください」のみ。
まさに「メシ」「フロ」「ネル」の亭主関白授業ですな笑。

ただ塾生にとっては、問題解くか解答を発表するかのどちらかがずっと続くわけですから大変でしょう。
しかし脳はフル回転していますから、力は間違いなくついてます。

書くこともなくなったので、写真を貼って終わります。
新学期に向けて、塾ファイルの整理をさせていますが、
ある塾生の1年分の塾で使用したプリントの束です。
1年間でこれだけ勉強したんですよ!これにプラスしてワークやドリルもありました!
画像
記事へトラックバック / コメント


春期講習期間中(〜4/4)の予定<3/31修正>

2017/03/25 00:01
春期講習会期間中(〜4/4火まで)の連絡事項は、このブログにも記載しますので、ご確認ください。
個人帳票ブログをスマホで見る場合は、画面を横にすると見やすいです。

★模試日程の4月4日(火)・5日(水)の@午前10時〜は満席です。
…学年を混ぜて実施しますので、定員2名で打ち切ります。教室の席も4席しかないですしね笑。隣の教室を使えば、もっと入りますが、環境が悪いので模試では使いません!

@日程及び振替について
 個人帳票ブログに春期講習期間中の日程を記載しました。ご確認ください。
 なおご都合が合わずに振替を希望される場合は、春期講習期間のみメール又はLINEでお知らせください。こちらから振替可能曜日・時間をお伝えします。
 4月5日水以降は振替希望届を配布しますので、用紙に記入の上、ご提出願います。
 また春期講習期間中の通塾曜日・時間と宿題の範囲を記入した用紙は各自の講習会の初日に渡します。

A模試の受験日について
 模試の受験をされる方は、各自の講習会初日に受験希望日の希望をお尋ねする用紙を配布しますので、ご記入の上、ご提出願います。模試実施可能日は下記の通りです。詳細な時間はプリントでご確認ください。
 <模試実施可能日> 
 @4月4日(火)午前10時〜午後9時までの間   A4月5日(水)午前10時〜午後7時までの間
 B4月7日(金)午後2時〜午後5時までの間    C4月9日(日)午前10時〜午後3時までの間
※授業日に実施は今回は致しませんので、上記4つから必ず選択願います。
3/24追記
 当初の予定であった模試日程の4月3日(月)がありませんが、これは春期講習会の授業時間を確保するために、予定を変更したためです。事前に連絡ができなかったことはお詫びいたします。
 なお予定が変更になっても、追加のご負担を請求することはありません(春期講習会費の費用の徴収はお知らせの通り5/27です)し、日程面でも代案を必ず出します。また、当初の4/3(月)しかダメだったとしても、さまざまな対応策はありますので、ご理解いただければ幸いです。
 当初の予定通りに杓子定規に実施すれば良いのでしょうが、先方にご負担をおかけしないことに関しては、どんどん変えていきますので、ご理解願います。
 ただし、ウチの塾では事前に希望を聞く、確認書を発行するなど、他塾では絶対にされていないことも実施していることも評価いただければ嬉しいです。

B新学期(1学期)の授業は4月5日(水)〜となります。
記事へトラックバック / コメント


個人帳票ブログ及び春期講習会日程について

2017/03/23 17:00
そろそろ仕事しなければいけませんね。働きます。
タイトルの通り、個人帳票ブログを更新しています。

@「個人帳票ブログの見方が分からない」との意見を前回の保護者面談で聞きましたので、何を記載しているのかを記載しました。なお、日によって「保護者向け」「塾生向け」に書いている内容が混在しているのですが、基本的なスタンスとしては、保護者も塾生にも両方に読んでもらいたいと思っています。

A春期講習会から使用しているファイルの中身を新学年用に取り替えますが、その配布する中にある「宿題の取り組み方」「授業での約束」のプリント内容をNo.2の記事に記載しました。
 特に宿題の取り組み方は、徹底させていきたいと考えております。宿題を作業にするな!気になる方は下記をクリックしてください。
http://maizurug.jugem.jp/?eid=108

B春期講習会の日程は3月25日(土)に個人帳票ブログに記載します。
春期中の初回の授業日については、すでにお子様に伝えています
3/24金通塾者は金曜日の授業日に初回授業日を伝えます。
記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
何が大事で、何を覚えるかを考えよう
ウチの塾の小学生との授業でよく出てくるやりとり ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/07 20:12
自信があります!C
好評の?笑、このシリーズも第4弾! 今日の他塾に負けないことは、ずばりウチの塾生は 「カッコいい子たち」である、あるいは「そのようになろうとしている」ことである! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/25 09:16
どうでもいい話(2/21追記)
どうでもいい話を3つ ・生命保険会社のCMで、試験終了後に名前を書いていないことに気づいたが、 止めと言われたあとだから書かなかった、すると1UPだというやつ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/02 23:23
素晴らしいノート・答案例(2/…更新)
素晴らしいノート・答案例(2/…更新) ○汚い答案撲滅キャンペーンを実施します 当たり前のことを忘れていました。それは「良いものは真似をする」です。真似をしてください。頑張っているものは特に! やっと私が皆さんに見せたかったノートやワークの答案が撮れました。これが私が感動した!ものです。 こんな答案や取り組みを見せられたら、絶対テンションマックスになるし、分かるまで教えてあげようと思うはず。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/01 20:12
1回の記事にするにはと思った記事の寄せ集め
「自分で言うのもなんですが・・・」 第3回の中3の大分県合同模試の平均点と 私がこのブログで今までの指導経験や問題分析力からの正答率予測による これだけはできてほしい点数が平均点とほぼピタリだった件 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/21 12:28
十人十色
十人十色 まだ実施していない塾生もいるのですが、 小学生の塾生の国語で実施している「頭の体操」が発展編に突入しました! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/12 12:22
塾の取り組みQ&A
私はこの塾を長いこと同じ考えで行っているので、当然分かっているのですが、入塾して間もない子や言われたことを何も考えずに受け入れる子は、ウチの塾のことについて「なぜなのか」分かっていないこともあると思ったので、勝手にQ&A形式にして書いてみました。参考になればと思います。どんどん更新します。多分。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/11 23:57
変化の歴史@
先週書いた「考えろ!」の記事の続きになりますが、 塾生に考えさせたり、変化を求めたりするだけでなく、当然私も考えたり、変化します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/01 12:00
考えろ!
昨日はすべての授業で宿題の取り組みに注意&喝をしました。 中3の授業がなかったのもその理由かな?笑 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/24 09:19
当然の結果!
当然の結果! 夏期講習で実施した模試の結果が返ってきました。 写真は、この夏「特に頑張った塾生」(MVP)に選んだ子の結果です。 当然の結果ですね。(このように書きながらも内心ほっとしていますけどね) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/19 17:46
宿題は作業でもテストでもないのだ!(9/17追記)
タイトルの通りです。 宿題は、作業でもテストでもありません! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/16 15:56
記憶に残る授業
2学期に入って、学校も始まり、忙しくなったことで、悲しい取り組みが見られます。 特に学年が下がるにつれて多くなります。それは、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/10 13:17
夏期講習会最終日
夏期講習会最終日 最終日です。 今年の夏期講習は、本当に私が悩みました。 塾生たちは、「何を求めているのだろう?」 私は塾生たちに「何を与えられているのだろう?」と その結論は、まだ出ていません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/27 00:00
夏期講習28日目
夏期講習28日目 この夏、私はこの塾に通って「得られること」って何だろう?と何度も考える機会がありました。 「成績を上げる」「志望校に合格する」 これは当たり前のことであって、これを目標にしていない塾はありません! では、それ以外に、この塾に通うから「得られること」とはなんだ? 昨日の授業で気づいたことがあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/26 13:18
夏期講習27日目
夏期講習27日目 昨日の続き! とはいったものの、ここ最近のウチの塾の子どもたちの様子を見ていると少し気になることがあります。 ウチで見られるのだから、全体的にそうなんでしょうがね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/25 09:34
夏期講習22日目
昨日、体験面談がありました。来週も2件面談が決まりました!ありがとうございます! 面談なので入塾が決まったわけではありませんが、 電話やLINEで問い合わせがあることが、ありがたいことです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/19 14:04
夏期講習21日目
夏期講習10日目の記事 http://maizuru.at.webry.info/201608/article_4.html を書いてから、宿題の取り組みに変化が見えるようになってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/18 09:38
夏期講習19日目
夏期講習19日目 塾生のなかに気づいた子はいないでしょうが、私は夏期講習の7日目ごろから「あること」を変えました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/16 09:03
夏期講習16日目
今日は感動した2つの塾生からの言葉 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/11 09:16
夏期講習15日目
夏期講習15日目 ネタがない笑。なので、 今日は、小学生の塾生の授業の最初にウォームアップとして実施していることについて書きます! 小5の3学期に「空間図形」に入ります。そのとき立方体や直方体、さらには円柱や円錐などの見取り図を書く単元があるのですが、まぁ〜これが書けない(下手な子)が多い! ただ悲しいことに、コレは1回の授業でできるようになるものでもありません。日々の練習が大事! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/10 12:30
夏期講習13日目
今日は欠席者が多かったので、写真撮るほどの出来事なし! 体調管理には十分注意してください。 またココは学校ではないので、皆勤賞を褒めることはありませんので、 全力で集中して完璧にできないと判断した時は、欠席でOK! 元気なときに、振替で頑張ろう!振替可能日が増やせるように調整します! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/08 16:00
夏期講習11日目と明日8/6の自習室
明日8/6土の自習室は、午後2時から午後5時までの間は開放します。 今日は写真のネタなし笑。みんな頑張ったけど、取り上げるほどのものはないですわ笑。 当たり前のことばかりでした。そんな簡単に取りあげたら、価値が下がる。 つまり、ここにあなたの取り組みの写真が載ったら、それは相当素晴らしいということにもなるのですよ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/05 17:55
夏期講習10日目
夏期講習10日目 今日の1枚は、小学生の算数の宿題からの1枚。 間違えている問題の写真を載せるのは少し悩んだのですが、褒めたいので載せました。 この写真のように「どうやって考えたか?」をきれいに、丁寧に書いてくれれば、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/04 20:08
夏期講習9日目
夏期講習9日目 今日の1枚は、小学5年生の教科書漢字の確認テスト! ウチの塾生は「完璧」を求めることに反抗するらしく笑、なぜか98点が多い!遠慮せずに満点取ろう!!! もう1枚は、高校生の授業後の黒板、2次関数のグラフの移動を@頂点の座標の移動からA曲線の方程式よりの別解で学習した後です。ウチの塾では、設備や授業回数・時間に制限があるので、何でもOKとはいかないのですが、教科書・センターレベルの英数ならしっかりサポートさせてもらいます。高校での指導経験あります! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/03 13:30
夏期講習4日目
夏期講習4日目 見た瞬間に「あ〜」ってなってしまうこと! 何度も言ってるよね!写真のような答案は、絶対に○にしないよ!何回お願いしたらできるようになってくれるかな?字を書く、計算をするのもスポーツするのと同じ!気持ちを込めて取り組もう! ウチの塾の生徒ではないが、小2の女の子でも枠内に収めよう!間違えたら消しゴムできれいに消して書き直そう!丁寧に文字を書こう!と一生懸命書くよ。その姿に心打たれるわ笑。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/28 23:23
夏期講習 初日!
以前は「初日だけは、何もかもが完璧で、段々ダレてきて、ドカーンと雷」パタンだったが、 最近は「最初から気合が入っていなくて、ドカーンと雷」が多くなった。 また年々、最初の取り組みの雑さに唖然とする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/25 22:39
さぁ!夏休み!
7月25日(月)から、本格的に夏期講習期間がスタートします! 夏は暑いですね、また忙しいですね。 人は暑くて、忙しいとついイライラしてしまいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/24 16:57
授業で悩む
小学生の授業で「速さ」を学習しました。速さって大事ですよ! 本日は「時速」を「分速」に直す方法を勉強(復習)したのですが・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/19 23:05
今こそ気持ちを引き締めて!
はい!やってきました中だるみの時期! 小中学校では、運動会・体育祭の練習もあるところもあり仕方ない学校の塾生もいますが・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/30 00:01
言い続ける!
自分の恥を書くのはなんですが・・・ 私は「お箸の持ち方」と「鉛筆の持ち方」が正しくありません。 といっても、奇妙な持ち方をする芸能人ほどひどくはありませんよ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/26 17:30
優先順位を教えてあげて!
塾生も保護者の方も読んでください! 昨年も書いた記憶がありますが、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/24 00:02
鉛筆とシャープペン
小学生からたまに 「塾でシャープペンを使ってもいいですか」 と聞かれることがある。 今日、久しぶりに聞かれた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/22 22:51
小学生の指導で意識すること
ウチの塾の場合、 小学生の指導で意識することは 学力面の指導ももちろん大事ですが、 集中して取り組む姿勢を作ることです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/21 22:54

トップへ | みんなの「小学」ブログ

舞鶴学習館 小学のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる